力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER 幽々子 オブ イエスタデイ】第零話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第零話 神の依代
 荘厳な屋敷の敷地の中に存在する広大な演習場。そこに佇む一人の女性がいた。
 藤色の髪をクリーム色のやや大きく尖ったリボンで束ねてポニーテールにし、服装は白の半袖のカッターシャツに赤褐色の右肩だけ存在するワンショルダーのワンピースを纏っている。そして左手首にはその太さより一回り大きいのにどういう原理でか落ちる事なく固定されている金色のブレスレットが二個存在している。
 彼女は何をしようとしているのだろうか。演習をするのなら一人では出来ないだろう。
 と、彼女はおもむろに目をつむり、何かを念じ始めた。すると彼女の体から何やらオーラのようなものが漂い始めた。そして彼女は言葉を紡ぐ。
祇園様よ、我の前に姿を現したまえ」
 そう言った直後の事である。彼女の目の前に誰もいなかった筈が、何者かが姿を現し始めたのだ。
 この演習場は隠れられる物陰は存在しないので、断じてそこからひょっこりと姿を見せたのではない。何もない場所にエネルギー体のようなものが集まり、徐々に人の形を作っていったのである。
 そしてとうとう完全に人の形となったのである。
 その見た目は筋骨隆々な屈強な大男であった。そして手には大きめの刀を携えている。
「では、参りますよ!」
 姿を現した大男に、その女性は話しながら──刀を向けた。そう、彼女も女性でありながら刀を携えていたのだ。
 それに呼応するように、大男もまた自分の得物をその女性へと向けた。
 ──それが試合の合図であった。

◇ ◇ ◇

「はあっ!」
 まずは女性から動きを見せた。利き腕は右手であるため、右足を踏み込み軸にして体を乗せて相手に向かっていったのだ。
 ぶんっ! そして振り下ろされる彼女の愛刀。だが当然大男はその攻撃を許す筈がなかった。その刃に合わせるように彼の大刀も引き抜かれる。
 そして交わる刃と刃。双方に電気ショックのような衝撃が走り、引き裂くような音と橙色に輝く火花が派手に巻き起こった。
「くっ!」
 衝撃に少し気圧される女性。だが彼女は怯みはしなかった。休む事なく次の剣撃が放たれる。
 第二波、第三波、次々に振り抜かれる彼女の刃。だが大男は難なくそれを全て、自分の大刀で切り払ってしまう。
 そこへ大男は渾身の力を込めて大刀を振り抜いた。それにより暴風の如き剣圧を放ちながら刃が放たれたのだ。
 彼女は刀を扱うとはいえ、女性である事は否定のしようがなかった。──どうしても膂力では鍛え抜かれた男性には劣ってしまうのだ。ましてや目の前の屈強な大男を前にしては尚の事であった。
 実は彼女は『人間ではない』のであるが。その為、身体能力は我々の認識する女性に対するイメージの範疇には収まらないのである。
 しかし、目の前の大男もまた人間とは異なる存在である。故に『人間を凌駕する性能の肉体』は彼女だけの特権ではなくなっているのだ。
 そして大男の一撃にその身を弾き飛ばされる女性。だが彼女もただでやられはしなかった。宙で後ろに一回転をし、見事に地面に着地し、ダメージは最小限に留められたのだ。
「はあ……はあ……」
 だがその膂力の差はじわじわと開かれていた。息を荒げている彼女の方が明らかに分が悪かった。
 しかし、彼女の強みは剣捌きだけではないのである。彼女は意識を集中すると、大男が現れた時のようなオーラがその身を包んだ。
「天宇受売命(あめのうずめのみこと)よ、我に舞いの如き身のこなしを与えたまえ」
 そして紡がれる言葉。それに伴い再び何者かが彼女の側に現出したのだ。
 その姿は羽衣を纏い、体には下着の如く最低限の生地しかない服を身に付けた妖艶な女性であった。するとその者は言葉を発した女性へと吸い込まれるように姿を消したのである。
 その直後、大男から再び剣撃が放たれた。その攻撃を続けられたら今までの彼女の様子からして不利であろう。
 だが、状況は変わっていた。その刃を彼女は舞う木の葉のようにひらりとかわしたのだ。
 偶然だろうか? しかし、それは違うという事が次の展開で証明されていった。
 二撃目、三撃目、次々と繰り出される大男の剣撃。だがそれは暖簾に腕押しの如く全てのらりくらりと彼女に回避されたのだ。
 そう、これが彼女の真の強み──神霊をその身に降ろして力を借りる能力である。
 先程の妖艶な女性は天宇受売命と呼ばれる舞いを得意とする女神、そして目の前の大男も祇園様と呼ばれるかつて暴力性と英雄性を轟かせた荒神なのだ。
 つまり、彼女はその能力で神相手に稽古をつけてもらっているのだ。そして先程は神の力を借りて戦況を一変させたのである。
 だが、英雄となった神は多少の事では怯まないのである。彼の攻撃は収まるどころかますます激しさを増していったのだ。
 しかし、既に戦いの流れは女性へと向いていた。彼女は自分から力で攻めるよりも、相手の攻めを切り崩して道を開くのが自分のモットーとする事なのだから。
 そして、その狙いは成功の兆しを見せようとしていた──祇園様の振るう大刀が一瞬、大振りになったのだ。
 それを彼女は見逃さなかった。そしてきっと目を見開き、言葉を紡ぎ始める。
天津甕星(あまつみかぼし)よ、我が剣に燦然たる輝きの刃を備えたまえ」
 その言葉に呼び寄せられるように、彼女の隣に男性が現れた。
 黒の長髪に黒の着物と、何かと黒い出で立ちはそこはかとなく堕天使を彷彿とさせる。容姿は整った美男子であり、祇園様と比べなくても優男のイメージは覆せないだろう。
 だが、ここまで読み進めている者にとって、神の姿でその能力を測る事は出来ない事は既に揺るぎない事実であろう。
 そして、天津甕星と呼ばれた者も姿が彼女に吸い込まれるようにしてかき消えていったのだ。
 その瞬間、彼女の刀身が輝きを増していったのである。──これは比喩ではなく本当に刀から光が溢れ輝き始めたのだ。
 そして彼女は図らずとも隙を見せてしまった祇園様の懐めがけて、その『光の剣』を打ち放った。
 シャリーンと形容し難い、一番近い物に例えるならかき氷が削り出されるような音を奏でるながらその光の刃は祇園様へと夜空に浮かぶ彗星の如く美しい軌道を残しながら向かっていったのだ。
 それは遂に祇園様のがら空きとなった胴を捉えたのである。そしてガラスが割れるような破裂音のような激しい、それでいながら決して耳障りでなく神々しい音と、真夜中に当てられるスポットライトのように目を引くようでいてギラギラしていない優しい光が辺りを支配したのだった。
 そして光は収まっていくと、そこにはしっかりと直立した彼女と、地面に膝を付いた祇園様が存在していた。
 ──試合の決着は付いたのだ、彼女の勝利という形で。

◇ ◇ ◇

「ありがとうございました、祇園様、天宇受売命、天津甕星
 そう言って彼女は自分の修練に携わってくれた神々を労って解放させたのである。
 ──これが『神霊の依り憑く月の姫』たる『綿月依姫』の修行の一連の流れなのであった。
 そして今回も神々へと感謝の意を忘れないのであった。何故なら彼女──依姫が今の自分があるのは神霊の存在抜きには有り得ないからである。