力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER 幽々子 オブ イエスタデイ】第五話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第五話 気高き龍】
『──依姫は、豊かの海に現れるであろう敵を迎え撃つ。
 そこに現れる敵は囮です。
 しかし、その囮は貴方の潔白を証明するのに役立つでしょう』
 依姫は咲夜に刀を向けながら、八意の言伝を想起し物思いに耽っていた。
 この戦いをやり抜けば、晴れて自分は安泰を得る事が出来る。まずはこの一戦を──。
「どうしました?」
 思考の海に浸る彼女を咲夜の言葉が引き戻した。
「貴方から掛かってこなければ無限にまちますよ?」
 余裕の表情で咲夜は言った。
 それに対して意識を現実に戻された依姫は咲夜に返すべく口を開く。
「貴方は……」
 言い掛けてながら依姫は左手を盛大に天にかざし、
「さっき私の事を、手癖が悪いって言ったわよね」
 と続けた。
 それは先程も持ち出した事であった。どうやら依姫は意外と根に持つタイプなのかも知れない。
 そこで場の空気が変わった。何やら暗雲が辺り一面に広がったのだ。
 そして、スコールのようなおびただしい豪雨が辺りを襲った。
「!!」
 突然の事態に咲夜は当然驚愕してしまう。
 だがそれだけではなかった。今度は彼女の周りを激しい稲妻が轟いたのだ。
 更に異常事態は起こっていた。──彼女の眼前には八ツ首の炎で出来た龍とでも呼ぶべき存在が立ちはだかっていたのだ。
「『火雷神』よ。七柱の兄弟を従え、この地に来たことを後悔させよ!」
 主からそう言伝を受ける火雷神はさながら月を護る番犬というべき役割を与えられていた。──いや、この場合は『番龍』とでも言おうか。
 だが本当に後悔させる気は依姫にはなく、いわば前口上であった。相手を精神的に追い詰め尋問する手段であってはないと思っているのだ。──神の力も『スペルカード戦』も。
 身構える咲夜。だがそれは、炎熱という名の猛毒を携えた大蛇の群れの前には無駄な抵抗であった。
 次々と炎の大蛇は古代都市アトランティスを一夜にして沈めた津波の如く咲夜に襲いかかった。
 そして首が全て獲物に飛び掛かると、轟音を鳴り響かせ大規模な炎のハリケーンを巻き起こしたのだ。
 このような猛攻を喰らえばただでは済まないだろう。だが──。
「貴方は、不思議な術を使うのね」
 そう言う依姫の背後を咲夜は取り、ナイフを突き付けていたのだ。
「さっきも見せたでしょ。瞬間移動のイリュージョン」
 それを聞きつつも依姫の視線は咲夜のスカートに付いた焦げ目を見逃してはいなかった。
「あと、おまけ」
 咲夜に言われて依姫は気付いた。彼女の頭上一帯を無数の銀のナイフが埋め尽くしていたのを。さながら恐れを知らぬ龍が、その自慢の爪と牙を剥き立てるように。
 それを見ていた玉兎全員に戦慄が走った。依姫の表情は読み知れない。
 そしてガトリングガンからばら蒔かれた弾丸のように大量に掃射されるナイフの群れ。
「も一つおまけの、【速符「ルミネスリコシュ」】」
 それに加えて咲夜は『スペルカード宣言』をした。
 それによりナイフの群れはまるで意思を持っているかの如く、すばしっこく依姫の周りを飛び交い──全て彼女に刃を向けて包囲したのだ。
 だが依姫は動じていなかった。相手がナイフという金属なら……。
「『金山彦命』よ。私の周りを飛ぶうるさい蠅を砂に返せ!」
 生き物のように牙を向く危険な存在に対して、まるで虫ケラのように言ってのける依姫。それだけ、これから使う神の力には信頼があったのだ。
 そしてそれは起こった。銀のナイフ全てが風化したかの如く粉のように散っていったのだ。
 咲夜はポーカーフェイスを保っていたが、その驚きは否定する事は出来ないでいた。
「なっ!」
「ほー、便利ねー」
 驚きの声を出す魔理沙に、暢気そうに言う霊夢
 続いて依姫は咲夜に刀を向け、
「そして、持ち主の元へ返しなさい」
 と宣言した。
 すると、先程散った筈のナイフの群れは、さらさらと音を立てて元の形を取り戻していった。──刃先を全て咲夜へ向ける形で。
 それは金山彦命が金属を司る神であるためであった。ちなみに、金属の神であるが故に金運に御利益がある神としても祀られているのである。
 当然咲夜としてはたまったものではないだろう。
「ま、まさか自分のナイフを、避ける羽目に、なるとはね!」
 咲夜は言葉途切れ途切れに懸命に、本来自分の得物である筈のものを避けていく。
「避けにくいのは当然ね、しょうがない……」
 そう言った咲夜を依姫は注意深く視線を送っていた。
「いざ!!」
 そこに火雷神の豪雨が降り注ぎ、咲夜はたじろぐ。
「『私の世界へ!』」
 だが、余力を振り絞ってそう宣言した。
 そして咲夜は得意の術を発動する事に成功した。だが──。
 眼前には隙間ないナイフと豪雨と稲妻。こうなってしまっては彼女の『術』を以てしても対処は出来ないのであった。咲夜は潔く白旗を上げる事にしたのだ。
 この瞬間依姫のスペルカード戦初勝利が決まったのだった。

◇ ◇ ◇

 見事勝利を納めた依姫を祝福すべく、彼女の周りには玉兎達が取り囲んでいた。その傍らでは半分焦げながらレミリアに睨まれてる咲夜の姿があった。
「強いですわー。まさか自分の投げたナイフにやられるなんて、飼い犬に手を噛まれるとはこのことですね」
「ふん!」
 先程の戦いで堪えたのを感慨深く、どこか遠い目で語る咲夜にレミリアは面白くないといった様子で鼻息を漏らして聞いていた。
「咲夜、駄目じゃないの」
「申し訳ございません」
 当然咲夜は謝る。主の期待に添えなかったから……。
「咲夜がいきなり大技使うもんだから、一発で勝負がついちゃうと思ったじゃない!」
「はい?」
 予想外のレミリアの答えに咲夜は呆気に取られてポカンとしてしまった。
「咲夜は前座なんだから、私が戦うまで勝っちゃ駄目」
 ぷんぷんと悪ぶってレミリアはのたまった。
 だが、これは部下の失態をかばう、武士道にも通じる配慮だろう。
 それは依姫がかつて新入りの玉兎を『レイセン』と称して他の玉兎に紹介したのと同じ考えからくるものと言えるかも知れない。あれも、二人のレイセンの事を考えてかばうための行為だったからだ。
 もちろんレミリアの場合は依姫の落ち着いた振る舞いとは違ってやや不器用であるが、これが彼女のやり方なのだろう。
 そのような事は本当に残忍な侵略者なら出来ないだろう。レミリアは本気で月の都を攻めるような存在ではないのかも知れない。
 そんな彼女の気遣いを察しているのか、咲夜は微笑ましく思っていたのだった。
 一方、依姫の側では……。
「さすがです依姫様。あと3人ですね!」
 主の勝利に勢いづいて玉兎の一人が言った。
「私には八百万の力がある。一人頭二つしか使っていないんだから──あと399万連戦しても勝てる計算」
「はあ」
 尊大な物言いに玉兎は呆けてしまう。
『あと399万連戦しても──』そう依姫は言ったが、さすがにそんなに続けて戦ったら、神の力はあれど自分自身の身がもたないだろう。
 だがこういう強気な発言はこの場で必要だと依姫は思っての事だった。そう言ったからにはこれから下手な勝負は出来ないぞと自分を追い込むため、自分に力を貸してくれる神への敬意のため、そして自分を応援する玉兎達を勇気づけるためであった。
「ところで、なぜあの人間は最後雷に囲まれたときに瞬間移動しなかったのでしょう?」
 先程の戦いの内容に疑問を持った玉兎が依姫に質問した。それに依姫は答える。
「あの者は瞬間移動などできないってことよ。
 移動したい場所までに身体を通せる隙間がある場合のみ移動できる。
 私は最初の火雷神のときに気づいたわ。スカートの裾が焦げてるって……」
「さ、さすがですね!」
 依姫の解説と彼女の着眼点に玉兎はただただ感心していた。
 ──だが、これはスペルカード戦のルールの一つ『避けられる隙間の無い攻撃をしてはいけない』というものに反するのであった。
 その事に依姫は最初のスペルカード戦であるが故に把握出来ず、咲夜の方も月への旅の後すぐに依姫に捕らえられその後すぐに戦うといった切羽詰まった状況の中であったからそのルールを失念しており自ら『不当』な白旗を上げてしまったのだ。
 つまり、依姫と咲夜のスペルカード戦の審判はまだ下っていないのであった。

◇ ◇ ◇

「さあ、次は誰かしら?」
 真相は反則勝ちではあれど、勝利を受け止めたものは次へのステップを生み出す力を得るものである。その波に依姫は乗って、第2戦の相手を求めた。
 レミリアはキョロキョロしながら次に出陣する者を探している。霊夢は寝たふりをしていた。
「そうだねぇ」
 それを魔理沙は回避しようと顔を背けるが……それは無駄な努力であった。
魔理沙(あんた)も負けそうだから次、頑張って」
 無情な宣告はここに告げられた。
「思いっきり負けるのを見せてね」
「ひでえなぁ……。咲夜も毎日よく耐えられるよな」
 傍若無人な主を持つ従者と自分を重ね合わせながら魔理沙は呻いた。当の従者は涼しい顔をしていたが。
「ふふ、次は言い出しっぺの貴方ね」
 次の相手が決まったようで、依姫は意気揚々と言った。
「ま、いくら力の差があろうとスペルカード戦なら負ける気がしないがな」
 対する魔理沙も既に戦意に火が付いていた。