力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER 幽々子 オブ イエスタデイ】第六話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第六話 努力のあり方】
「じゃあ、始めるとしますか!」
 そう言って魔理沙は自前の箒を取り出し……それに跨ったのだ。
「何をするつもりかしら?」
 訝って依姫が聞いた。
「まあ、見てなって」
 続いて魔理沙は、魔力を箒へと込める。そして、彼女は箒諸共宙へと浮かび上がったのだった。
「まあ」
 これには依姫は素直に驚いた。
「この決闘方法では、空を飛んでもよろしいのですか?」
「ああそうだぜ、寧ろ飛びながら戦う者が多いぜ」
 感心する依姫に対して、魔理沙は得意気に説明してみせた。飛ぶのは彼女の専売特許ではないが、月へ来て幻想郷のルールで戦えるとは思っていなかっただろうからそれで心が躍るのだろう。
「では行くぜ!」

◇ ◇ ◇

「先手必勝! 【魔符「スターダストレヴァリエ」】」
 魔理沙は既に弾幕を展開していた。大量の漫画で描かれるような星型の弾が帯のように列をなして幻想的である。
 それに加えて魔法陣型のエネルギーも魔理沙から放たれ、丸のこぎりのように辺りを飛び交った。更にカード型の弾も飛び、見た目が非常に鮮やかで派手なものとなっていた。
 これが魔理沙のモットーとする『弾幕はパワー』の理論を体現したものであった。
 その弾の数々は玉兎や霊夢と、彼女と依姫の戦いを観戦するもの全員にまで飛び交ってしまっていたのだ。魔理沙の大雑把な性格の現われと言えるかも知れない。
 激しい猛攻と言えよう。だが……。
「月の都で見える星は瞬いていないらしいな」
 魔理沙は思わずため息をついていた。何故なら彼女の目の前には腕を交差させて星の弾幕の動きをどういう原理か、彼女の周りで止めていたからだ。
「星が瞬いて見えるのは、大気の揺らぎなのです。大気の少ない月の都では、星はほとんど瞬かない」
 そう言いながら依姫は、宙で止まっている星の弾の一つを掴み……何と食べたのだ。カリっという音が切なげに鳴った。
(甘……)
 そしてそれをポイっと捨ててしまった。
「瞬かない星の軌道は、完全な直線です。等速度の攻撃は加速度系において止まっているに等しい」
 難解な理論を並べながら、依姫は弾幕をひょいひょいといとも簡単にかわす。止まっているから造作もないだろう。
「止まっている弾幕なら、誰にでも避けられるでしょう?」
「よく解らんが確かにお前の周りは止まっているな。じゃあ」
 自分の弾幕の流れをせき止められ苦笑いしていた魔理沙は、心機一転し表情を変える。
「これならどうだ?」
 魔理沙は右手に魔力を溜めると、それを振り上げた。
「【黒魔「イベントホライズン」】!」
 魔理沙が新たにスペルカード宣言をすると、大量の星の弾が宙に飛んだ魔理沙から壊れた蛇口から吹き出す水の如く放出されたのだ。
 容赦なく星弾の滝は依姫へと襲い掛かる。
 だが、依姫は動じなかった。持った刀の鞘から刀身を抜くと、それで星弾を次々に切り払ったのだ。
 まるで漫画で行われるような光景である。それを易々とやってしまうのは、依姫の鍛錬の賜物であった。そう、以前に祇園様と行ったような鍛錬を日々抜かりなく行っているが故である。
 それを見ながらレミリアはにやけていた。
 その事により、嘗められてばかりいられないと気合を入れ直し再び弾幕を放っていたが……。
(ただ遊ばれているようにしか感じない。どうにもこうにも『勝てる気がしない』ぜ)
 と、活路の見出せない依姫との戦いに魔理沙は行き詰っていた。
(……)
 一方依姫は『この勝負、このままではいけない』という念を抱いていたのだ。
 傲慢な者は結果を出して自分を満足させた者に対しては『努力したね』と持てはやすが、結果を出せなかった者には『努力しなさい』と言うものである。例えその者が努力していたとしても、その事を考慮しない理不尽なものである。
 だが依姫は、魔理沙とここまで戦ってみて感じ取っていたのだ。『この者は努力している』と。
 それが解るのは依姫自身がその類稀なる才能に溺れずに努力を欠かす事がなかったからである。
 そして、努力している者同士でありながら生まれているこの差の理由も解っていた。
 それは『才能』によるものである。その無情な事実は解決出来ない難題──アポリア──であった。
 だがそれを依姫は認めたくなかったのである。
 このままの流れで戦えば、突き付けられた現実を前にこの者は負け癖がついてしまいかねないだろう。それにより努力も怠るようになる恐れがある。
 ──この者には努力を辞めないで欲しい。それが努力を欠かさない『同志』である依姫の我が侭であった。
 勿論魔理沙の今後のためだけを思ってという偽善的な考えではない。このまま本調子でない彼女を倒しても自分自身が面白くないという自らの欲望に忠実になっての考えでもあるのだ。
 そして、依姫は序盤から神降ろしを使った咲夜戦とは違い今までそれを行っていなかったのだ。
 それは魔理沙が四人の中で一番『信仰』に頼らない人物だと察していたからである。
 依姫は神の力を借りて戦うが、いやだからこそ神の力に頼らず自分の力で道を突き進む者に敬意を覚えるのだった。神に頼らない者の前で神の力をみだりに使うのは、半ば『信仰の強要』というやってはいけない暴挙だと考えての事だった。
 だが、今こそ神の力を使うその時だと依姫は心に決めたのだ。
「貴方のプラネタリウムは密度が薄いのです。地上から見える星はそんなに寂しいものなのかしら」
 辛口の評価を下す依姫。ここは敢えてそうするべきだと思っての事だ。そして続ける。
「『天津甕星』よ。大気に遮られない本来の星の輝きをこの者たちに見せつけよ」
 そう言って依姫は刀を天に掲げた。
 するとどうだろうか。刀身は瞬く間に白金のように、はたまたブリリアントカットされたダイヤモンドのような燦然とした輝きを帯び、神秘的な光の剣と化したのだった。
「……っ!!」
 これには魔理沙は思わず息を飲んでしまった。だが依姫は攻撃の手を緩める事はなかった。
「はっ!」
 掛け声とともに依姫はその輝きの剣を魔理沙めがけて振り下ろしたのだ。そしてキャンバスに思う存分筆を振るったが如く、流麗な光の帯を纏って魔理沙に襲いかかった。
「ねえあんた、依姫(あいつ)に勝てると思う?」
 それを見守っていた霊夢レミリアにこの勝負についての意見を聞いていた。
「負けるはずがないよ、弱気だねぇ」
 聞かれたレミリアは自信満々に答えた。
「いつもの妖怪退治なら負ける気がしないんだけど……、今回悪いのこっちじゃないの」
 月に攻めてきた訳だし、とレミリアに対して霊夢はぼやいた。
「悪いほうは必ず負けるのよ」
 それはヒーローものの活劇の『お約束』にも通づる事であった。
 実際は悪い方が勝つ事も多いのが現実であるが。──言い替えれば、力の強い方が勝つという事だ。
 それはとある漫画で登場した『勝った方が正義』という理論に行き着くだろう。
 だが、良い方が勝つというのは多くの者が望む事だろう。
「はん、それは私に対する当てつけかね」
 だから、レミリアにはそれを覆したいという強い信念があるのだった。
「でも、負けはしないよ」
 なお強気で言うレミリア。だが。
「言っちゃ悪いけど、私の勘ではあんたが一番簡単に負けるわよ。力の有無とか関係なし──にっ!!」
 霊夢が言っている途中で遮られた。魔理沙が先程の依姫の攻撃で吹き飛ばされて霊夢にぶつかったのだ。
「……てて」
 あぐらをかきながら頭を押さえる魔理沙
 それをレミリアは──彼女の臀部を蹴り飛ばして送り返したのだ。「ぎゃ」っと力ない声が漏れた。
「なんだよ、わざわざ私が相手の戦い方を見るチャンスを与えてやってるってのに、その仕打ちかよ」
 当然憤慨する魔理沙。だが本気で怒っている訳ではないのだ。これは一種の彼女とレミリア流のコミュニケーションであるのだった。
「地上の者たちは仲の宜しいことで」
 それを依姫も察したのか、クスクスと笑っていた。だが、子供のじゃれ合いを微笑ましく見る様と手に持った刀は明らかに不釣り合いで、シュールな雰囲気を醸し出してしまっていたのだ。
 ──喧嘩する程仲がいい──。よく聞く言葉だが、多くの場合攻撃的な人が喧嘩を引き起こしがちな自分を美化する手段に使われがちなのである。実際は所ジョージ氏が言ったように喧嘩する程仲が悪いというケースが多いのだ。戦争を始めとした国同士のいざこざなんかが良い例だろう。
 だが、魔理沙レミリアは違っていると言えるだろう。互いに本音をぶつけ合う事で一種の絆が生まれている、そんな仲なのである。
 またしても依姫は自分の想像していた侵略者とは印象が違うと思い知らされたのだ。残忍な者ならこういった温かい仲間意識など生まれはしないだろう。
 そして当の侵略者は言葉を発した。
「何、ちんたら戦ってるのよ! どうせ負けるんならやりたいことやってから負けなさい!」
 この言葉に依姫は驚かされた。
 何故なら依姫は天津甕星を、主に本調子でない魔理沙に喝を入れるために降ろしたのだから。
「ま、言われなくても──本気を出すぜ」
 調子を取り戻した魔理沙。……どうやらそうさせる役目をレミリアに一本取られてしまったようだ。
 だが、道筋はどうあれ依姫の望む通りの流れになってくれたようだ。
『過程などどうでも良い』という旨の発言を登場人物にさせた漫画があったが、実際は過程というのは大事な事柄である。だがこの場合は魔理沙への起爆剤が神ではなく吸血鬼になったという違いであり、魔理沙にプラスになった事に変わりはなく、言うなれば結果オーライなのだ。だから今回は天津甕星もお許しになる事だろう。
 そして魔理沙はそのいかにも魔女な帽子を脱いでみせ、その中に隠してある物を取り出したのだ。
 ──ミニ八卦炉。魔理沙愛用の、魔力を込めると火力を発揮するマジックアイテムだ。
「この世に、光の速さより速い物は存在しない」
 彼女が言っている間にも、前に構えたミニ八卦炉にエネルギーが集束していく。
「どのような加速度を持とうと、究極的には直線になるんだよ!」
 キュウウウと音を立てて、エネルギーの集束は頂点に達していた。
「出でよ【魔砲「ファイナルスパーク」】!」
 そして遂にそれは放たれたのだ。まるでSFものの宇宙戦艦から繰り出されるような、極大のレーザー砲が魔理沙から発射されたのだった。
 その異常なエネルギーの奔流は辺りにも影響を与えた。森からは鳥がバサバサと慌てて飛び立ち、観戦していた玉兎や妖精メイドは激しい風圧に翻弄されていた。
 破壊の権化は依姫めがけひたすら真っ直ぐ進んでいった。まるで使い手の信条を代弁するかのように。そして激しい爆音と閃光をまき散らして炸裂したのだった。だが。
「ふん。これだけじゃ勝てないと思ったがな」
 そういう魔理沙の眼前で煙が上がってくると、人影が見えた。そう、依姫のものであった。
 そして彼女は刀を真っ直ぐに構えて、傷一つ負ってはいなかったのである。
「光を斬るのは、水を斬るよりもずっと容易いこと」
 得意気に依姫はのたまう。──まだこの程度の攻撃では受けてあげる訳にはいけないと思っていた。
 力を出し切ってはいない。これで終わらせては心残りが出来てしまうだろう。
「でもな、私の光は一つとは限らないぜ!」
 魔理沙は臆する事なく言った。
「これなら斬りようがあるまい」
 まずレーザーを一束繰り出したが、先程のファイナルスパークよりも小規模である。
 だが、彼女の攻撃は今回はこれで終わりではなかったのだ。
 箒にまたがり飛んで移動する魔理沙。すると移動した先でもまたしても砲撃をぶっ放したのである。
「【恋心『ダブルスパーク』】!」
 魔理沙は高らかにスペルカード宣言を決めた。そしてこの二重の猛撃を依姫は眼前にしていた。
 ──貴方のその努力からくる勝利への執念、見事です、そう思いながら。
 だが、勝負は非情なもの。依姫とてそう簡単に攻撃を通してあげようとは考えなかったのだ。
 ──相手は弾丸ではなく、直進する光。この事を受けて依姫が次にすべき行為は何かは、鍵穴に鍵がぴったりと収まるように明瞭に出てきた。
「『石凝姥命』よ、三種の神器の一つ、やたの鏡の霊威を今再び見せよ!」
 依姫は神降ろしの宣言をした。すると、天女のようでいて、艶やかな黒の長髪の女性の姿が顕現したのだ。両手には鏡を抱えている──これがやたの鏡であろう。
 すると女性──石凝姥命は鏡をくるっと向きを変えて眼前に向けた。
 そして二対のレーザーの片方は依姫の刀に切り払われ、残りはもう片方となる。
 それを目の前にした石凝姥命は目をカッと見開き、やたの鏡をそれに対して差し向けたのだ。
 鏡には中の世界などなく、純粋に光を反射するもの。しかし、この高出力の光の前では普通の鏡ではいとも簡単に消滅してしまうだろう。
 だがこれは神が作った鏡なのであった。ダブルスパークの片方を何ともなしに反射し、弾き返してしまったのだ。
「いっ」
 これには魔理沙も驚愕するしかなかった。
「うわっ」
 弾かれた光線は空を飛ぶ魔理沙をスレスレで横切っていき、地球まで到達してしまったのだ。
 月ロケットで魔理沙が来た際には『地上から目に見える月』を目指して旅をしてきた訳であり、実際に宇宙空間は通ってはいなかった。
 それと同じで今回も光線が到達したのは『目に見える地球』なのであるが、それでも離れた惑星にまで届くというのが彼女の大技の規模の大きさを物語っているといえよう。
「あちゃー、今ごろ地上は大騒ぎだな」
 自分の放った技の行き先を見ながら、魔理沙は放心気味であった。
「月からのレーザーくらいなんとも思わないでしょう。表の月には人間が置いていった大きな鏡があります。月との距離を測るために地上からレーザーを飛ばしていますからね」
 そう依姫は丁寧に魔理沙に説明していった。決して地上では大量虐殺のような大惨事などは起こっていないから安心しなさいと。しかし、彼女は続けた。
「心ない兎たちが、よく位置をずらしたりしてあそんでいるようですが……」
 そう言われて玉兎達はギクッとした後、そしらぬ顔をしてごまかした。
「降参だ、降参。もう煙も出ないぜ」
 ありったけの力をぶつけてもそれを全て受け流されたのだ。魔理沙にはもう余力はなかった。だが、彼女の心は不思議と晴れ晴れとしていた。
「あら、私の番が殆ど回ってこなかったじゃない、貴方一人暴れただけで」
 そう、依姫が攻撃に転じたのは天津甕星の力を使った時だけだったのだ。
 魔理沙にはとても相性の悪い相手だったと言えよう。努力で相手との距離を補って来ていたが、依姫も努力を欠かさない存在だった上に才能を持っていて、更に魔理沙の戦いのスタイルは究極の『剛』なのに対して依姫は洗練された『柔』だったからだ。
 だが、物事は筋書き通りではなく例外は必ずあるものである。今後魔理沙が依姫とも渡り合える力を付けていく事があっていいだろう。その事に依姫は期待を込めるのだった。
「……で、次は」
「次は私が相手してやるよ」
 依姫に対してそう名乗り出たのは……レミリア・スカーレットであった。
「……」
 遂にこの時が来た。依姫はそう噛みしめながら無言でレミリアを見据えていた。