力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER 幽々子 オブ イエスタデイ】第八話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第八話 『魔王』光臨:後編】
「どうした? 何も仕掛けられないのかい?」
 行動を起こさない依姫に対して、レミリアは傘を指しながら宙に浮き余裕の態度を示していた。
 それを依姫は一瞬睨み付けるが、すぐに表情を和らげて言った。
「私が神降ろしで攻撃すれば、貴方は必ず一撃で負けるでしょう。
 だから貴方の技もすべて見てからでも遅くはない。
 貴方も肉弾戦ばかりじゃなくてスペルカードを使ってみたら? 美しいスペルカードを」
 依姫は挑発的に言ってのけるが、内心この戦いに心踊っていたのだ。遊びだが本気でやりあえる『本気の遊び』に対して。
 玉兎達から聞いた地上の娯楽では、目の前の吸血鬼は物語の最後に現れてそして滅ぼされる、所謂『魔王』のような存在を彷彿とさせるのだった。
 滅ぼすとは息の根を止めてこの世から葬り去る事である。
 そのような対処を取らないといけない存在と血を流さずに戦えるこのスペルカード戦を嬉しく思っていたのだ。
 また、依姫は魔王が登場するものとは別の娯楽を思い起こしていた。
 それは『怪人』と呼ばれる者が登場する娯楽で、役者のアクションシーンをふんだんに取り入れ、最後には『必殺技』なるもので一撃の下倒されるというお約束のある見せ物であった。
 依姫はそれを再現しようとしていたのだ。勿論これは現実であり、演技からなる見せ物とは違う。
 だが彼女は玉兎達に自分の戦いを見せている事を忘れてはいなかったのだ。見せる戦いではただ勝つだけではいけない、それが依姫がエンターテイメント──娯楽──において心掛けないといけないという考えであった。
 一方、挑発的な台詞を投げ掛けられたレミリアはカチンときていた。
「ふん!」
 鼻で息を吐くとレミリアは両手から紅色のエネルギーを放つと、それを辺り一面に展開したのだ。
「【夜符「クイーン・オブ・ミッドナイト」】」
 スペルカード宣言だ。このスペルにより辺りは夜の帳が落ちたような闇に覆われたのだ。
 レミリア自身は元の姿であるが、それはさながら魔王の『第2形態』とでも言うべき演出であった。ここから魔王の攻撃方法が変化するのだ。
「永遠に明けない弾幕の夜を、悪夢の度に思い出せ」
 そして芝居がかった台詞。ボスキャラとしての雰囲気が十分に出ていた。彼女もエンターテイメントの才能があるのかも知れない。
 そして、彼女の周りを衛星のようにエネルギー弾が飛び交っていた。それを依姫は無言で見ている。
 暫し続く沈黙。だがそれは当然破られる事となる。
「くらえっ!!」
 そして動きは起こったのだ。レミリアの掛け声と共に紅弾が次々と射出された。
「大御神はお隠れになった。夜の支配する世界は決して浄土にはなり得ない」
 弾をかわしながら、依姫は呪文のように言葉を紡ぎ始めた。
「『天宇受売命』よ! 我が身に降り立ち、夜の侵食を食い止める舞を見せよ」
 その言葉と共に、依姫が演習の時に降ろした天宇受売命が再び光臨したのだ。
 そして天宇受売命を自分の肉体に降ろした依姫は、まばゆい輝きのヴェールに包まれていた。
「なんだ? ただ光っているだけかい?」
 レミリアは拍子抜けだと言わんばかりにぼやいた。そして大量の弾を雨あられとばら蒔いたのだ。正に『弾幕』である。
 それを依姫はポルカのように軽快なリズムで踊るように第一弾、第二弾とことごとく華麗に交わした。
 だが、レミリア弾幕はこれでは終わらなかった。
「お次はこれさ! 【獄符「千本の針の山」】!」
 レミリア第二のスペルカード宣言であった。彼女の両手から先程までの弾から、今度は無数の針が打ち出され始めた。
 さながらロケットランチャーのようである。しかも今度は細かい針の形の弾幕だ。先程よりも回避は難しいだろう。
 そして針の空軍舞台が標的を撃ち落とそうと肉薄してきた。
 だが依姫はそれらも紙一重でかわしたのだ。針がザクザクと地面を削ったが、彼女には掠りもしなかった。
 しかし今回の弾幕はクイーン・オブ・ミッドナイトとは違いレミリアの手から直接マシンガンのように放出されているのだ。つまりレミリアが手の向ける方向を変えれば針もそれに合わせられるという事である。
「この針から逃げられるかい?」
 針の機関銃の照準を再び依姫に向けたレミリアは得意気に言った。
「舞の達人の天宇受売命を甘くみない事ね」
 だが神の力を借りた依姫の方も余裕であった。そして再び針撃をかわす。
 その様は、レーダーに移らないステルス機を狙うかのような暖簾に腕押しの状態である。
 しかし、レミリアとて諦めはしなかった。三度照準を依姫に合わせたのだ。
 するとどうだろうか。今度は彼女はかわす様子を見せなかったのだ。
(もらった!)
 心の中で歓喜するレミリア。今度こそ敵を撃墜出来ると思ったのだ。
 ぐいぐいと差し迫る針の群れ。しかし依姫は慌てる事はなかった。
 針が目の前まで来た所で、彼女は刀を回転させたのだ。
 そして針はパキンパキンと音を立てて、ことごとく弾かれたのだ。さながらステルス機が今度はプロペラ機に様変わりしたかのようであった。
「ちっ!」
 標的を仕留められると踏んでいたレミリアは口惜しそうに舌打ちをした。だが彼女とて、まだ攻撃は終わらせる気はなかったのだ。
「今度はこれさ! 【紅蝙蝠「ヴァンピリッシュナイト」】!」
 三度目のスペルカード宣言だ。その宣言を受けてレミリアの周りに紅い霧が発生したのだ。
 槍を作る際に発生したものと同じ霧。今度はそれが彼女を取り囲むようにして現れていた。
 そして、それは段々と形を成していった。今度は槍型ではない。
 こうもりだ。スペルカード名が示すように、それはこうもりの形をとっていたのである。
 一匹なら可愛くも見えるこうもりだが、それらは無数のこうもりの群れと化していたのでその不気味さは一入であった。しかも体色は一般的なこうもりの黒ではなく、目に焼き付くような紅なのだから異質極まりない。
 レミリアの周りには彼等が魔王の使い魔のように展開していた。
「行け、私の僕たちよ!」
 その言葉と共にレミリアは両手を広げ、彼等に命令を下したのだ。
 バサバサって耳障りな羽音を出して、使い魔たちは主の命のままに獲物に飛びかかって行ったのだ。
「今までよりも遅いわね。それで天宇受売命の力を得た私を狙っているつもりかしら?」
「まあ、そう慌てなさんな」
 軽口を叩く依姫に対して、レミリアは落ち着いた様子で返した。
 そしてこの攻撃も軽やかにかわすべく、依姫は身を引いた。だが。
 レミリアはニイッと口角を上げてその様子を見ていた。
「!?」
 華麗にこの攻撃も回避したと思った依姫であったが、異変はすぐに起こったのだ。
 かわした筈のこうもり達が羽ばたきながら再び依姫へと飛び掛かり襲ってきたのだ。
「何のためにこうもりの形をしていたと思ってたんだい?」
「……成るほど、そういう攻撃もあるって事ですね」
 素直に感心しながら依姫は言った。だが彼女は動じていなかった。
「ですが、天宇受売命の力は守りだけにあるのではありませんよ」
 その言葉に続いて、依姫は鞘から刀を引き抜いたのだ。そしてこうもりの一匹目掛けてそれを振りかざした。
 バシュウっと弾けるような音と共に刃の餌食になったこうもりは再び霧となってかき消えたのだった。
 そしてステップを踏み別のこうもりにも斬りかかり霧へと還したのだ。
 更に軽やかに踵を返して他のこうもりも斬っていった。その様は、まるで宙に舞った砂の如く掴み所のないものであった。
『剣の舞』。その表現以上にしっくり来るものはないだろう。
「やるな……」
 これにはレミリアは素直に驚くしかなかった。
「はっ!」
 刀が振り抜かれ、こうもりが真っ二つにされ消し飛んだ。──今のが最後の一匹だったようである。
 そして依姫は全てのこうもりを仕留めたのであった。
「最後は親玉ね」
 使いの魔物を倒した依姫は、次に傘を指し宙に浮いているレミリアへと狙いを定めた。
「だがここまでどうやって来る?」
 しかしレミリアは冷静であった。空を飛ぶ事が出来る自分の方に分があると。
「甘いわね」
 依姫はそう言った。その言い方から、負け惜しみではないだろう。
 そして腰を落とし両足を踏み込んだのだ。
「はあっ!」
 そして掛け声を上げると、体のバネを使って──そのまま宙へと跳躍したのだ。
「!!」
 今度こそレミリアは驚愕した。完全に相手を空中への攻撃手段がないものだとたかを括っていたからだ。
「頂いたわ」
 そして依姫は頭上に振りかぶった刀を思い切り降ろしたのだ。
「くうっ!」
 斬撃音と共にくぐもった呻き声を出したレミリア
 先の戦いで斬られても対した傷を負わなかった彼女であるが、それは地に足を付けていたからだ。
 だが今回は宙に浮くという不安定な位置で、しかも依姫が跳躍した事により総合的な力量の付加は計り知れないものとなったのだ。
 そしてレミリアは地面に叩き付けられた。
「これでおあいこね」
 体当たりで吹き飛ばされた時の借りを返した依姫は得意気に言った。やはり彼女は根に持つタイプなのだろう。
「くっ」
 レミリアは言葉を濁した。しかし、すぐに自分のペースを取り戻した。
「ふん。飛び道具は当たらなくて、空中へ攻撃する事も出来るわけか……」
 そして断言する。
「やっぱり最強の体術を喰らうほうが、お望みってわけね」
 言い終わるとレミリアは傘を投げ捨て、自分の肉体をミサイルのように射出した。捻りもへったくれもないがレミリアの最大の武器──体当たりである。
 ピタッ。その様を依姫は見据えた。この時を待っていたのだ。
「女神の舞に大御神は満足された。天岩戸は開き夜の侵食はここで終わる」
 そう唱え、締めの言葉を紡ぐ。
「『天照大御神』よ! 圧倒的な光でこの世から夜をなくせ」
 その宣言の後、それは起こった。岩を引き摺る音が鳴り響きながら、徐々に何かが依姫の背後から現れたのだ。
 それは『光』であった。天照大御神の伝説のように天岩戸が開くように、はたまた天国の扉が開くように縦一線に光が現出を始めたのだ。
 暗闇に刻みこまれた鮮烈な光、それはとても幻想的であった。さながらSF作品で宇宙空間で繰り出されるプラズマ兵器のように芸術的なものがあったのだ。
 そしてその光の主である天照大御神が輝きの扉の中から光臨したのだ。黒のロングヘアーでゆったりとした服、我々が幻想する天女そのものの出で立ちであった。
 体当たりの勢いが付いたレミリアは、もはやそれを止める事は出来なかった。
 まるで糸で絡め取られて引き寄せられるように神が創りし太陽の光──吸血鬼の天敵である──に突っ込んで行くしかなかったのだった。

◇ ◇ ◇

 そして闇の侵食から解放された世界では、玉兎達が依姫に寄り添っていた。
 その傍らにはあちこち焼け焦げ、目を回して倒れているレミリアの姿があった。
 勝負はついたのだ、魔王との戦いを依姫が制する形で。
 咲夜が慌ててレミリアに駆け寄った。そして魔理沙は冷や汗をかき驚愕し、霊夢は面白くないといった感じで溜息を吐いていた。

◇ ◇ ◇

 そんな中依姫は心の中で安堵していた。天照大御神の力が無事に決まって良かったと。
 確かに天照大御神は強大な太陽の力であり、依姫にとっての『切り札』であるが、それは確実に攻撃を当てられる訳ではないのだった。
 実はこの力は飛び道具ではないのだ。太陽が公転しない惑星である事を暗示するかのように。
 だから相手をうまく誘い込む必要があったのだ。故に天宇受売命の力で弾幕をかわして見せて、体当たりが手っ取り早いと思わせる事にしたのである。
 結果、その思惑は大成功であった。
 だが、いつか肉弾戦のみでこの吸血鬼に勝利してみたいとも依姫は思っていた。その為には更に精進をせねばなるまい。
 ところで、今頃は豊姫が月の侵略の真の首謀者と立ち会っている事だろう。
 その事に依姫は一切の不安はなかったのだ。
 万に一つでも自分の姉がしくじるとは思っていなかったし、月の使者のリーダーとして冷徹に振る舞いはすれど実際に非道な行動に出る事もないだろう。
 豊姫を信頼していたからこそ、依姫に迷いは生じずにこの『スペルカード戦』に徹する事が出来たのだ。
 後一人勝ち抜けば、自分と豊姫は安息を得る為の一区切りに踏み入れる事が出来るだろう。そう、無事に後一回で……。