力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER】第二話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第二話 綿月依姫のスペルカード】
 依姫とてゐは目的の人物を目の前にしていた。
 それでは状況を説明しよう。
 人間の少女を襲いかけているのは妖怪の少女である。金髪のショートヘアに赤い瞳、服装は白と黒のものであり、一番の特徴は頭に備え付けられた赤いリボンである。しかも……。
(お札……?)
 依姫は訝った。何故そのような物が頭に? だが今はそれを気にしている場合ではないだろう。
 この妖怪の少女はルーミアといい、闇を操る宵闇の妖怪なのである。普段は魔法の森によくいるが、いつもいる訳ではなく、時折他の場所にも現れるのだ。
 そんな『たまたま』の事態に出くわしてしまった人間の少女は不運と言えるだろう。
 そして、その人間の少女の特徴は、年齢は14歳位で、目元は依姫と同じようにややつり上がった『つり目』であり、目を引くのは黒のショートヘアである。共通点の多いてゐのと比べると癖のないサラサラとした艶やかなもので、ショートヘアとして見てもルーミアよりもさっぱりとした印象を受ける。
 ──ボーイッシュ。その言葉以外に彼女を指し示すのに適したものはないだろう。服装が少女のものでなければ、少年と間違われるかも知れない。ちなみにその服装は。
(……セーラー服というものかしら?)
 そう依姫は思った。それは明治時代に外界から隔離された幻想郷では見ない代物だと。だとしたら……。
(この子、『外』の人間ね)
 と、依姫は結論付けたのだ。
 幻想郷には、ときたま『境界』と呼ばれる空間の裂け目に迷い込んで外界からやって来る人間がいるのだ。この少女もその一人という事だろう。
 それはさておき、今やる事は決まっている。──人間の少女を助けなければ。
 依姫の種族である月人は、遥か昔穢れが地上に蔓延する前に月へと移住し、寿命から逃れた者達である。だから今の地上の民とはかけ離れた存在であっても元は同じであるのだ。
 だから依姫は人間の少女を助ける事にしたのだ。
「貴方、今の内に逃げなさい」
「何よ~、私の食事を邪魔するの~?」
 依姫が人間の少女に呼び掛けていると、そこにルーミアが割り込んできたのだ。
 彼女にとっても食事は死活問題である。それに水を指されたとあれば快くは思わないだろう。
「まあ、落ち着きなさい」
 一方の依姫は落ち着いて言った。そして言葉を続ける。
「こういう時のための『スペルカード戦』でしょう?」
「やるんだね~、受けて立つよ」
 そう、幻想郷での揉め事を解決するために設けられているのが『スペルカード戦』である。かつて依姫が月で魔理沙に持ち掛けられたそれだ。
「さあ、今の内に」
 依姫はそう人間の少女に催促した。だが彼女は何か物言いたげだ。
「今から貴方は『弾幕ごっこ』をするんですよね?」
 そう依姫に聞いてきたのだ。
弾幕ごっこ』。それはスペルカード戦の通称である。命を取り合う事はせず、ごっこ遊びのように行える事からそう呼ばれているのだ。
「ええ、そうですよ」
「じゃあ……」
 質問に答えた依姫に対して少女は言葉を続けた。
「私も貴方の弾幕ごっこを見させてもらっていいですか?」
「えっ?」
 予想していなかった少女の申し出に依姫は気の抜けた返事をしてしまう。
 そして、暫し考える。この勝負はこの少女を助ける為に始めようとした訳であり、見せ物目的ではなかった。
 だが、弾幕ごっことは『魅せる』勝負でもあるのだ。この子の前で行う事も意味はあるかと依姫は結論付けた。
「分かったわ。でも巻き込まれないように離れて見ていなさい」
「ありがとうございます」
「良かったね」
 快く承諾してくれた依姫に少女は頭を下げてお礼を言い、てゐが相槌を打った。
「それと、もし私が負けたらすぐに逃げるのよ」
「はい」
「まあ、私が負ける事はないでしょうけど」
 依姫はふてぶてしく言ってみせる。この場はそういう態度を取る方が少女に安心感を与えるだろうと配慮しての事であった。
 それに実際に負ける気がしなかったのだ。このルーミアと立ち会って見て、月ロケットでやって来た者達程の力はないと、長年の鍛練から判断出来たのだ。ルーミアには失礼になってしまうが。
 そして、面白くないのはルーミアであろう。
「む~っ、バカにしてぇ~」
 頬をぷっくりと膨らませて怒るその姿は愛らしい。だが、それでも人喰い妖怪である事は忘れてはいけないだろう。
「ごめんなさいね、では始めましょうか」
「そうだね、じゃあ……」
 二人がそう言っている陰で、一先ず救いの手が差し伸べられた少女はほっと一息つくと、おもむろに右腕を自分の目の前に掲げたのだ。
 それは『ただの』右腕ではなかった。──機械のような外観で、鋭い鉤爪の生えた金属の籠手のようなものが右腕には装着されていたのだ。
 そして、何かを念じる少女。すると金属の鉤爪はガチャガチャと鍵を鍵穴に通して開けるような音を立てて分解されていったのだ。更に分解されてバラバラになった鉤爪のパーツは、砂のようにサラサラと宙を舞ってかき消えてしまった。
「ふぅ……」
 その奇妙な芸当をやってのけた少女は一息ついた。
「貴方、その腕は……?」
 これにはさすがの依姫も驚かずにはいられなかった。
「あ、これですね。後で説明しますよ」
 事も無げに少女は振る舞う。だが少女の言う通りであろう。
 今は目の前の宵闇妖怪と勝負を着けなくてはいけないのだ。質問は後回しだろう。
「待たせましたね、今度こそ始めましょう」
「それじゃあ行くよ~」
 こうして依姫の初の地上での弾幕ごっこが始まったのだ。

◇ ◇ ◇

「それじゃあ、まずはこれ~」
 最初に動いたのはルーミアであった。彼女は両手を広げ十字架のような体制を取ると、『スペルカード』を宣言した。
「【夜符「ナイトバード」】」
 その宣言と共にルーミアの両手から闇のもやが生まれ、そこから次々に何かが現れ始めたのだ。
「鳥……?」
 依姫の呟き通り、その闇は鳥の形を取っていたのだ。無数の黒いエネルギーの鳥がルーミアの周りで羽ばたいている。
「私の鳥さん達、あいつをやっつけちゃって~」
 鳥達の司令官となったルーミアは彼等に命令した。するとバサバサと本物の鳥のように羽音を鳴らして依姫に飛び掛かっていったのだ。
「面白い攻撃ね」
 素直に依姫は感心していた。そして極めて落ち着いていたのだ。
「だけど遅いわね」
 眼前に黒鳥の群れを迎えながら、依姫は余裕の態度を取っていた。そして鞘から刀を引き抜く。
「はっ」
 そして掛け声と共に最初の一羽目掛けて刀を振りかざした。袋から空気が抜けるような音を出して霧のようにかき消え、その鳥は刃の犠牲となった。
 続いて二羽、三羽と間を開けずに切り落としていったのだ。次々に無に還されていく鳥の群れ。
 やがて群れは完全に全滅したのだ。一仕事終えた依姫が口を開く。
「どうしました? その程度では私はスペルカードを使うまでもありませんよ?」
「くぅ~っ」
 第一手を軽々と潰され挑発的な台詞を投げ掛けられて、ルーミアは悔しそうに歯噛みした。
「ならばこれはどうだ~! 【月符「ムーンライトレイ」】!」
 二度目のスペルカード宣言をしたルーミアは再び両腕を左右に広げて十字架のポーズになると、両手に先程の闇とは違う青白いエネルギーを集め始めた。
 そして、一頻りエネルギーが集まると、そこから同じく青白い光線が発射されたのだ。それも両手からなので二本も。依姫の眼前に迫る二対のレーザー。
「そう来ましたか?」
 だが依姫は、その攻撃を目の当たりにしてなお、冷静でいた。
 当然だろう。以前月ではこれを遥かに凌駕する高出力のレーザーを相手にしているのだから。
 その時は神が創りし鏡で弾き返したのであるが、今回はそこまでする必要もないだろう。
 そして依姫は今降ろすべき神を決めたのだ。
(『大黒様』よ、我の前に力を示したまえ)
 依姫はそう心の中で唱え、両手を目の前に翳したのだ。
 すると、そこに黒い渦が発生し始めた。これで目の前のレーザーに対する準備は出来た。
 だが、『弾幕ごっこ』ではそれだけではいけないと依姫は分かっていた。月での戦いでは怠ってしまったが、これからは抜かりなく『スペルカード宣言』をしなくてはいけない事を。
 そう決意して依姫は口を開く。
「【集符「光すら吸い込む黒き穴」】!」
 これが依姫の初のスペルカード宣言となった。
 そしてルーミアのレーザーは二本とも軌道を変えさせられ、スペル名が示す通りに大黒様の創り出した黒穴へと取り込まれていったのだ。
「ええっ!?」
 当然ルーミアは驚いてしまった。自信のあった自分の攻撃を、まるでそうめんを啜るかのように吸い込まれてしまったのだから。
 唖然とするルーミア。そしてそれに目を引き付けられていたのは彼女だけではなかった。
「すごい……」
 脇で戦いの流れを見守っていた人間の少女も目を見張り、そして依姫の華麗な戦い方に魅了されていたのだ。
「さすがはお師匠様のお弟子さんだね」
 一方でてゐは前もって依姫の情報を知っていた分、少女よりも幾らか冷静であった。
 だが百聞は一見にしかず。幾ら耳で話を聞こうとも、実際に見るのとではその実感はかけ離れているものだった。
 そして依姫はルーミアに対して口を開く。
「今ので終わりですか?」
「ば、馬鹿にしないでよね!」
 依姫に言われて、いきり立つルーミア。彼女とてまだこれしきの事で終わりはしないのだ。
「【闇符「ディマーケイション」】」
 ルーミアが三番目のスペルカードを宣言する。すると辺りの視界が悪くなってきた。
 まるで北向で見張らしも悪い部屋で周囲を取り囲んだかのような居心地の悪さに包まれる。
 辺りを闇が覆い始めたのだ。これでは依姫にとって相手を認識しづらくなるだろう。
「驚いた~?」
 ルーミアが得意気に言ってのける。
「……」
 対して依姫は無言だ。闇で視界が悪くなっているため、その表情は察する事は出来ない。
「でも、これだけじゃないんだよ~」
 水を得た魚のようになったルーミアは続けて言った。
「もう一回『ナイトバード』!」
 そして更にスペルカード宣言をした。一度に複数のスペルを掛け合わせる戦法を取ったのだ。
 一回目のナイトバードの時と同じく黒い闇の鳥がルーミアの周りに生成される。
「私の鳥さん達、もう一回行きなさ~い!」
 そしてルーミアが依姫目掛けて指を指すと鳥の兵団は再び依姫を襲ったのだ。
 しかも、今回はディマーケイションの効果により辺りは闇に覆われているため、その攻略何度は格段に上がっていた。
(成る程、スペルの複合ですか……)
 依姫は素直に感心していた。そしてやはり今回も冷静であった。
(ここは……『愛宕様』よ、我に神の火の力を)
 依姫はそう心の中で神に呼び掛けた。
 するとぼわっと音を立てて依姫の両手に炎が灯ったのだ。
 そして依姫の周りが明るく照らし出される。松明のように厳かなその火は、本当に松明のように闇を照らす事も出来るのであった。
「これで『闇』の目眩ましは効きませんよ」
「うぅ~」
 再び依姫にペースを持っていかれたルーミアは唸った。
「それでは、その鳥達は駆除しなくてはいけませんね」
 そこで一旦言葉を区切り、続ける。
「【炎弾「伊の英雄の火礫」】!」
 そう宣言し、依姫は火の灯った腕を軽く闇鳥目掛けて振った。するとそこから実際に炎の弾丸が発射された。
 鳥は弾けるような音と火の粉をあげて四散してしまった。
「この火は闇を照らすだけではないのですよ」
「補助にも攻撃にも使えるなんてずるい~!」
 愛宕様の火の汎用性にルーミアは歯噛みした。そして依姫は続いてその炎の投擲で残りの鳥を全て殲滅してみせたのだ。
「ふぅ、これでまた一段落ね」
 依姫は肩の力を抜いた。だが、頭の中で別の火が着いてしまった者がそこにはいた。
「凄いです! あの人気の髭のおじさんさながらですね!」
 人間の少女からであった。どうやら有名なキャラクターの戦法さながらで興奮してしまったようだ。
「その話はやめなさい。色々危ないから」
 すかさず依姫は少女に突っ込みを入れた。
「ちなみにその火を消す際には玄爺(亀)に噛まれればいいんですよね」
 突っ込まれても少女の暴走は止まらない。
「それで私は身長が半分位に縮む訳ですか……」
「ちっちゃくなった貴方も素敵ですよ~、抱きしめたい~♪」
「……全くもう」
 と、二人だけに分かる内容のやり取りをしていた。
(何言ってるのさ……)
(何言ってるのか~)
 そして、話に取り残される二人も当然いたのだ。
 そんな流れになっていたが、ルーミアは気を取り直し、構えた。
「【闇符「ダークサイドオブザムーン」】!」
 そして、更なるスペル宣言をした。
 すると、ルーミアの姿がみるみるうちに闇に消えていくではないか。まるで筆に付いた黒の絵の具をバケツの水の中に溶かすように。
「これなら、その火の明かりでも見えないでしょ~」
 まるで月の裏側が地上からは確認出来ないが如く、どこからともなくルーミアは言った。
「洒落た真似してくれますね……」
 依姫は目を細めて呟いた。その効果もさる事ながら、スペル名もまさに月の裏側に住む依姫にとって皮肉が利いたものとなっていた。当のルーミアはそのような事を狙ってはいないのだろうが。
「それならばこれですね」
 言うと依姫は心の中で太陽の神、天照大御神に呼び掛けた。そして、スペル宣言をする。
「【光符「地の底すら照らす太陽の爆ぜ」】!」
 その宣言と共に依姫は手を天にかざすと、そこに燦然とした光の塊が現出したのだ。さながらミニチュアの太陽である。
 そこから放出される膨大な陽光が辺りをまんべんなく照らしていった。そして祓われる闇。
「あれっ!?」
 驚きの声を出したルーミアが目の前にいた。完全に闇を祓われ、闇に溶けていた彼女の姿もあらわとなったのだ。
「これで最後かしら?」
ぐぬぬぅ~」
 完全に虚を突けると踏んだルーミアのスペルも軽々と攻略されてしまった。だが、まだルーミアには奥の手が残されていたのだ。
「これが私のとっておきだよ、【闇符「ミッドナイトバード」】!!」
 例によって、十字架のポーズでルーミアはスペル宣言をした。
 だが、今回は様相が違っていた。彼女の体から、一際膨大な闇が煙のように吹き出してきたのだ。
 そして、闇の煙ははっきりとした形を取った。
 それはナイトバードと同じく鳥の姿であったが、徹底的に違うのはその大きさである。ダチョウ位の丈を持つ『怪鳥』と呼ぶに相応しい化け物だった。
「行きなさい!」
 そしてルーミアの指令を受けると、怪鳥は勇ましく羽ばたいた。そして依姫目掛けて飛び掛かっていった。
(これは大きいですね)
 依姫は心の中で呟いた。そして──これ程のスペルなら、『あれ』を試すいい機会だと踏んだのだ。
(狩猟の神『アルテミス』よ、我にその技巧の力を貸したまえ)
 それは、『日本の神』以外の神を降ろす事であった。
 八百万の神、それは文字通り800万柱もの神の事を指すのだ。そしてそれ程の数の神はさすがに日本だけが有してはいないのであり、世界各地の神々を含めるのだ。
 そして、依姫が最初に選んだ日本外の神はアルテミスだった。その理由は直ぐに分かる事となる。
 アルテミスを降ろすと依姫の側に半分人間の姿で半分獣の『獣人』というべき女神が現出し、その姿が消えると依姫の手にはエネルギーで出来た弓矢が備わっていたのだ。
 その弓矢を構えて闇の怪鳥目掛けてキリリと弦を引く依姫。狩猟の女神が弓矢の使い方を依姫に伝えてくれているのだ。
「【猟符「月の狩人の一矢」】!」
 スペル宣言と共に依姫は弦を弾き矢を放ったのだ。
 そう、依姫が初めて降ろす西洋の神にアルテミスを選んだのは、『月』と関わりのあり、『弓』を得意とするのが、彼女が敬愛する八意永琳と共通する要素が多かったからであるのだ。
 そして矢は目映い月の光を振り撒きながら怪鳥へ真っ直ぐ突き進み──遂にそれを見事に貫いたのだ。
 油に洗剤を垂らしたように円形に穴が広がっていき、怪鳥は消し飛んだ。だが矢はまだ直進していたのだ。このままでは。
「避けなさい!」
「ひっ!」
 依姫に言われてルーミアは悲鳴を上げて咄嗟にその場で屈んだのだ。その上を空気を裂きながら月の光の矢は通りすぎていった。間一髪の事であった。
「あ~、びっくりした~」
 落ち着きを取り戻したルーミアは腰を上げて立ち上がった。
「どうしますか?」
「降参、降参~。私の負け~」
 ルーミアの敗北宣言。──ここに依姫の地上での弾幕ごっこの初勝利が決まったのだった。