力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【雑記】宮沢賢治作品読み終わった

 青空文庫一括ダウンロードで入手した宮沢賢治の文学作品を一通り読み終わった。

 ……さすがに250以上の作品を一気に読んで行くのは骨が折れましたよ。

 それと、昔の文学作品となると改行が少なくて一気にガーっと書いている場面が多かったのも読むのが大変だった一因です。それに加えて仮名表記が昔のものであったのもです。

 それでも宮沢賢治の作風はとても味があって中身も濃くて味があるものでした。

 私が一番のお気に入りだったのが『ペンネンネンネンネネムの伝記』でした。一部原稿紛失により未完なのが悔やまれます。

 この作品を改良して完成させたのが『グスコーブドリの伝記』な訳ですが、こちらはファンタジー色があって個人的にネネムの方が私は好きでした。

 次に『蜘蛛となめくじと狸』ですね。この作品は結構エグいブラックユーモアな作品でしたが、インパクトがあって惹かれました。

 最後に『双子の星』が印象に残りました。この作品の『萌え』のポテンシャルは現代にも通用するのではないかと思います。惜しむらくは二話目の内容が双子が善性を称えられて、助けられるのを待っている受動的な形になっている所でしょうか。

 とにかく宮沢賢治読破は貴重な体験でした。しかし、文学作品をぶっ続けで読む大変さも痛感したので、しばらくは文学作品は敬遠して再びネット小説堪能に徹したいと思います。