力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER】第34話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第三十四話 月の侍と冥界の侍】
幽々子様~、心配しましたよぉ~」
 やや情けない声で妖夢幽々子にすがるが、それも仕方ない事であろう。何せ自らの主が文字通り消えてしまったかに思われたのだから。
妖夢、心配かけてごめんね」
 と、幽々子は優しく妖夢に微笑んで頭を撫でてやる。
 この場に幽々子がいる事──結論から言って彼女は無事だったのだ。
「まさか、この霊体の維持が続かなくなるなんて思わなかったわぁ~」
 それが幽々子消滅の真相であった。
 まさか幽々子は依姫と激戦の末に霊力が枯渇しかけて、自分の形態を維持するのが困難になるとは思ってもみなかったのだ。
幽々子様、あれだけの戦いをしてお体は大丈夫なのですか?」
「だから、私に体はないわよ~」
「う~……」
 等と妖夢と仕様もないやり取りをする所から見ても、幽々子は大丈夫なようだ。暫く時間が経てば霊体を形成する霊力も元に戻るだろう。
 その様子を見ていた依姫も心配はいらないだろうと胸を撫でおろしている所であった。
 そして彼女は一頻り永遠亭の者達と触れ合いながら体を落ち着けた後、最後の本題に入る事にしたのだ。
 その思いを胸に、依姫は妖夢の前へと歩を進めていた。
 それに妖夢は気付いて声を掛ける。
「どうしたのですか、依姫さん?」
 そこで妖夢に言われて、依姫は迷わず提案を口にする。
「冥界の庭師さん──妖夢と言いましたか、私と勝負をしなさい」
「えっ?」
 突然自分にそのような提案を掛けられ、妖夢は跳ね上がるような心持ちとなってしまう。
「私が依姫さんとですか?」
「ええ、そうよ。貴方とは一度剣での勝負をしたいと思っていたのよ」
 そう言われて妖夢は思う。自分が相手では依姫にとっては力不足なのではと。
 妖夢はその旨を依姫に伝えると、依姫は微笑みながら妖夢に言う。
「貴方はもっと自分に自信を持ちなさい。月では最後まで私に悟られずに事を成したではありませんか」
 そうなのである。妖夢は半分は浄土の存在であるとはいえ、綿月亭に忍び込んだ状態で依姫にその存在を認知されなかった程であるのだ。
「ですが、依姫さんは……」
 そう言い掛けた妖夢の言わんとしている事を察知して依姫は続ける。
「ええ、確かに私の神降ろしは規格外の力である事は分かっています。なのでこれから始める勝負では、私は神降ろしを使いませんよ」
「はい……」
 妖夢は依姫の話の内容を理解する。依姫は神降ろしを使わず剣術だけで戦い、自分はスペルカードを自由に使えるという事である。
 妖夢にとっては、今後の為の経験に打ってつけである。だが、まだ彼女は腑に落ちない所があり、それを言葉にする。
「何故、私の為にそこまでしてくれるのですか?」
「それはね……」
 そして依姫は理由の説明を始める。
 それは、今の妖夢に師となる人がいないからであった。
 だがかつてはいたのである。その者は妖夢の祖父でもある、彼女と同じ半人半霊である魂魄妖忌(こんぱく ようき)だ。
 しかし、彼はある時悟りを開くと幽々子妖夢を残して雲隠れしてしまったのだ。
 故に妖夢はまだ精神的にも技術的にも学ぶべき所がある中で剣術指南役を強いられてしまった訳である。
 余程の天才でもない限り、誰しも物事を教えてくれる者がいなくては成長は難しいだろう。──かく言う依姫とて永琳という師の教えがあってこそ、今の彼女がいるのである。
 その事が分かるからこそ、依姫は今勇美に手解きを施している最中なのだ。
 そして、師のいない妖夢にも少しでも自分から何かを学んでくれれば幸いと、今回の勝負を提案した訳であった。
「それと、貴方は一つ勘違いをしているわ」
「と、言いますと?」
 依姫の意味ありげな発言に、妖夢は首を傾げて聞く。
「これは『貴方のため』だけではないわ。私も貴方と剣術での勝負をしたいから、お互いのためよ」
「あ、ありがとうございます」
 その依姫の心遣いに、妖夢は嬉しくなり満面の笑みを見せた。
「では、始めましょうか」

◇ ◇ ◇

 そして依姫と妖夢は永遠亭の庭園で向かい合っていた。──今宵三度目の勝負の幕開けである。
 そこで、まず妖夢が口を開く。
「ですが良かったのですか? 依姫さんはお疲れでしょう」
 その指摘通り、依姫は先程幽々子との戦いで、弾幕ごっこのルールに則ったとはいえ激戦を繰り広げたのだ。
 そう懸念する妖夢に対して、依姫の代わりに勇美が答えた。
「大丈夫ですよ妖夢さん。依姫さんは無双した経験があるんですから♪」
「無双言うな!」
 依姫は勇美に突っ込みを入れつつも、勇美の指摘は的を得ているなと思っていた。
 自分は月で幻想郷の実力者達に勝ち抜いた経験があるのだ。故に今連戦しても問題ないだろうと。
 勿論あの時も今も楽勝という訳ではないのだ。だが自らの成長の為に自身に課題を出していくのが依姫のやり方なのだ。
 故に今依姫が選んだ選択肢に後悔はなかったのだった。
「前置きはそれだけで宜しいですか?」
「素敵な覚悟ですね」
 自信の揺るがない依姫の態度に触発されて、妖夢も心に火が灯ったようであった。いつになくこれから刀を持つ手に熱が入る。
「では妖夢、貴方から来なさい」
「はいっ!」
 依姫に促されて妖夢は意気込み──そして鞘に手を掛けながら彼女の懐に潜り込んでいったのだった。
 申し分ない踏み込みだ、依姫はそう感じた。動きに無駄がない。
(だけど……)
 依姫がそう思いを馳せている中、距離を詰めた妖夢は居合いの要領で手に掛けた鞘から楼観剣を引き抜いたのだ。
 空を舞う白銀色の線。それが依姫に牙を剥こうと肉薄していった。
「まだ甘いわね」
 言うと依姫も鞘から刀を抜き放ち、妖夢のそれへと合わせたのだ。
 刹那、キィンという金属音が鳴り響き火花が散る。
「くぅっ……」
 妖夢が苦悶の表情と唸り声を示す。こうもあっさりと攻撃を受け止められては無理もないだろう。
 だが、それは一瞬の事で、妖夢の表情は凛々しく冴え渡った。
 そして、左手でもう一つの鞘に手を掛けると、妖夢第二の刀──白楼剣を引き抜き依姫へと向かわせる。
「甘いのは依姫さんの方ではありませんか? 私が二刀流である事を忘れてはいませんか」
 妖夢は得意気に言いながら依姫に左手の攻撃を加えようとする。
「……いいえ」
 ポツリと依姫は言いながら、白楼剣の剣戟へと自身の刀を合わせた。
 再び鳴り響く金属音。
「忘れてはいませんよ」
「くっ……」
 余裕を崩さなかった依姫に妖夢は言葉を濁す。
「いくら二刀流でも、同時に剣を振るう事は出来ないでしょう」
「……確かに」
 正論を突き付ける依姫に妖夢は返す言葉がなくなる。
 そんな妖夢に依姫は続けて言う。
「二本剣を持っていても、一度に相手をするのは一本の剣だと思えばいいだけの事よ」
「……」
 妖夢は言葉を返さずに黙々と左右からの攻撃を繰り出し続けていった。
 右、左、そしてまた右と。
 だが、それらの攻撃はことごとく依姫に受け止められてしまっていた。これで依姫の言った事はハッタリでないのが証明されていた。
「はあ……はあ……」
 妖夢は息を荒げていた。このまま続けてもいたずらに体力を消耗するだけであろう。
 そこで依姫は妖夢に呼び掛ける。
妖夢、スペルカードを使いなさい。この勝負のルールは何の為にあると思っているのかしら?」
「!」
 それを聞いて妖夢は心の中で何かが弾けるような感覚に陥った。
 ──全くを以てこの人の言う通りだと妖夢は感じたのだった。
 この人と勝負をまともに行うには、成りふり構ってはいられないだろうと。
 プライドというものは社会を営む者達にとってなくてはならないのだ。でなければ好き勝手をしても恥じる事のない世の中となってしまうだろう。
 だが、時にそのプライドをかなぐり捨ててでも何かを得ようとする姿勢は必要なのだ。プライドに囚われてばかりいては手に入る物もむざむざ捨てる事に成りうる。
 それが今だと妖夢は直感した。──この勝負、何としてでも勝つと。
 そう思い立ち、妖夢は一旦依姫と距離を取った。
 そして、万を持してスペルカード宣言をする。
「【断命剣「冥想斬」】」
 言うと妖夢は目を閉じて瞑想すると、彼女に霊気が集まっていった。
 続いてその霊気は楼観剣に集まっていった。その霊気を纏ったまま、妖夢は剣を振り翳したのだ。
 すると、剣の刃から霊気がカッターのように放出され、依姫目掛けて飛び掛かった。
「……」
 それを無言で見ていた依姫だが、無駄な動きをする事をなく刀を眼前に向けた。
 その最低限の動きにより、妖夢が放った冥の刃は依姫の刀に真っ二つにされてしまったのだった。
「あっ……」
 呆気に取られてしまう妖夢。こうも余りにも的確にスペルを攻略されては無理もないだろう。
「こうもあっさり対処されてしまうなんてね……」
 妖夢は肩に力の入らない心持ちで愚痴た。
「直線の攻撃ならば、私なら光でも斬れますよ」
 そう依姫は諭すように言う。彼女はかつて魔理沙と戦った時にも、彼女の十八番のマスタースパークを刀で両断するという芸当を見せた程であるのだ。
 妖夢も自分が振るう楼観剣には余り斬れぬものはないと自負するが、依姫の剣捌きはそれを凌駕する事を妖夢は今悟ったのだった。
 そんな様子の妖夢を見据えながら、依姫は言葉を掛けてきた。
「……貴方の腕はこの程度のものではない筈よ」
 その挑発でもあり、叱咤でもある言葉を掛けられ、妖夢はハッとなった。
 ──この戦いに迷いは不要だと。迷いを断つ白楼剣を自分に使えたら良いのだが、生憎これは自分には使えない代物なのだ。
 依姫はその事を知ってか知らずなのか、取り敢えず自分に喝を入れてくれるのだ、それを利用しない手はない。
(何か……)
 何か、師匠から鍛練を施されていた時と似たような心持ちになるなと妖夢は思った。
 妖忌は手取り足取り教えるのではなく、技を盗ませるような教え方をしていた。
 それに対して依姫は丁寧に教えていくタイプだ。スタイルから言えば真逆である。
 しかし、教える側の心に火を付けて奮闘させるやり方は似ているのだ。
 妖夢はその事を想い、胸が熱くなるかのようであった。
(有り難うごさいます、依姫さん……)
 その気持ちにさせてくれた依姫に心の中で礼を言うと、妖夢の心が昂るかのようになる。
 そして妖夢はその想いを胸に第二のスペルカードを発動する。
「【魂符「幽明の苦輪」】」
 幽々子と依姫の前の試合、妖夢自身と勇美が戦った時に彼女が使ったスペルである。
 だが、あの時とは些か運用方が違っていた。
 それに依姫が気付く。
「後ろ……?」
 そう呟く依姫の背後に妖夢の半霊で形成した分身が現出していたのだ。
 そう、妖夢本体と分身により、依姫を挟み打ちにしようという算段である。
 依姫が気付くと同時に分身が鞘を引き抜く。
「……っ!」
 咄嗟に依姫は刀を合わせて分身の剣戟を受け止める。鳴り響く金属音。
 そこに本体の妖夢が出向く。
 剣を振るう手が一人一本ずつにしか出来ないのなら、二人にしてしまえばいい。単純故に効果覿面の作戦であった。
「お覚悟……」
 妖夢は自分に優位が舞い込んだのを確信すると、らしくなく得意気に言いながら依姫へと剣を振り下ろした。
「見事な作戦ね」
 依姫はそう感想を漏らす。決して嫌味ではなく、本心からの賞賛であった。ここまで無駄のない思案を行動に移すのは見事であるからだ。
 しかし、ここで依姫は言う。
「だけど、作戦だけではいけない。よく覚えておきなさい」
 その言葉に続けて依姫は意識を集中させる。
 そして、身を後ろに引くと、妖夢の本体と分身を一纏めに狙い──剣を一気に横薙に振り払ったのだった。
 あろう事か、依姫は本体と分身の持つ刃が行き届かない場所が現れる一瞬を狙って、一薙に攻撃したのだ。
「っくぅ……!」
 妖夢本人と分身は依姫の剣戟を受け、後方に弾き飛ばされてしまった。
 そして、霊力で作った仮初めの肉体である分身はその形態を保てずに元の半霊へと戻った。
 完璧な筈の算段を阻止され、妖夢は今一度距離を取って依姫を見据えた。
「お見事です。私の作戦をこうもあっさり防ぐなんて……」
「世の中、机上の空論だけではいけないという事よ」
「はい」
 依姫に諭され、妖夢は素直に返事をする。今依姫は敵として自分の前に立ちはだかっている訳だが、それでも敬意を忘れてはいけないと思っての事であった。
「では、次は私から行かせてもらうわよ」
 言って依姫は妖夢と距離を詰めると、彼女に向けて刀を打ち出した。
 咄嗟に楼観剣でそれを受け止める妖夢
「くぅっ……」
 苦悶の声を漏らすも、防戦なら自分に分があると妖夢は思った。
 確かに攻撃には左右の腕を一度に片方しか繰り出せない。しかし、防御の場合には両の手に持つ刀を同時に使えるのだ。
 これなら相手はそう簡単に攻め崩す事は出来ないだろう。
 だが、それも一時のその場凌ぎにしかならないと妖夢は直感していた。
 だから妖夢は一瞬の好機に賭ける事にしたのだ。
 そう、これは賭けである。妖夢は博打事は良しとはしない性分ではある。
 だが、相手は堅実に戦ってだけいては到底勝てない存在なのだ。
 そして妖夢は依姫の剣戟に耐えながらも意識を集中した。先程二人の妖夢を破った依姫と同じような集中力を見せる。
 幸い相手は一刀流なのだ。いくら攻撃する際に振るう刀はどちらにしろ一本にはなれど、相手が持つ刀が一本であるこの事実は揺るがない。
 そして好機は訪れる。依姫が振るう剣戟に一瞬だがぶれが生じたのだ。それを妖夢は見逃さなかった。
「【獄界剣「二百由旬の一閃」】!!」
 気付けば妖夢はスペル宣言と共に鋭い剣の横薙ぎを放ち、依姫の剣の持ち手を的確に払っていたのだった。
「……っ!」
 一瞬の事に依姫は苦悶の声を出すと同時に──手に持った刀を離してしまっていた。
 持ち主の手を離れ、刀はプロペラのように回転しながら、山なりの軌道を描き、遠くの地面に刺さったのである。
 これが依姫が普通に神降ろしの使える勝負なら、神の力で幾らでもこの状況を打破出来るだろう。
 だが、この戦いでは依姫はその力を使わないと取り決めを行っていたのだ。故に……。
「この勝負、私の負けね」
 依姫ははっきりとそう言い切ったのだった。
 世の中の傲慢な人間は自分の取り決めたルールにより不利になろうものなら、屁理屈を並べ立ててそのルールを守らなくてよくなったように振る舞う者も多い。
 だが、当然依姫はそのような人間とは程遠い存在なのだ。故に妖夢の勝利は揺るぎないものとなるのだった。
「やっ……た……」
 自分に有利な条件での勝負とはいえ、妖夢は格上の存在に勝利したのだ。その事実を彼女は徐々に噛み締め始めていった。
「依姫さん、有り難うございました」
 妖夢は自分に何かの道標となるべく相手をしてくれた依姫に礼を言う。
 この勝負が妖夢にとって糧になるかは彼女次第。だが、彼女にとってこの経験はこの先決して無駄にはならないだろう。