力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

つぶやき風2018年7月27日(金)まで

【7月21日(土)】
 茨歌仙の華扇は、周りの者が欲深い者ばかりで自分は無欲だとおもっている、現実に良くいるタイプの人なのでしょうね。
 彼女の場合は実際に幻想郷は欲深い者達が多いから、結果として勘違いになっていないからやるせないのですけどね。
─────────
 近場の図書館は市立なので5時までしかやっていないのがネック、後もう一時間あれば丁度良くなるのですが。
─────────
 レトロフリークの為に購入したゲームで一番の買い物は、ドラクエ6でしたね。
 当時スタッフが言っていたようにボリュームがあって良かったです。
 しかし、職業システムとモンスター仲間システムはやや噛み合っていなかったのが残念ですね。強いモンスターを仲間にしても一から職業をマスターしていかないといけなかたのが辛い所でしたね。
 DS版で廃止になったのも『多少は』仕方ない事と思ってしまいますね。それでなくてもモンスターではないが加入が遅いテリーを使うメリットが余りなくなっていましたし。ドランゴ引換券という不名誉なあだ名で呼ばれる所以ですね。

【7月22日(日)】
 犬夜叉の密かな楽しみに、時折ゲストにミニ丈の着物の女の子が登場するというのがありました。敢えて詳しくは説明しませんが、これにはかなり背徳的な妄想を駆り立てられるのですよね。次回予告で確認された時には次週が待ち遠しくなったものです。
 一番は、みずきという子でしたね。黄緑色の着物故に肌とのコントラストが引き立ち、上半身も半袖とノースリーブの中間、極め付きは裸足という奮発っぷりでした。
 そんな彼女に、七宝は不幸が重なり嫌われる展開になったのは精神的ダメージが大きかったものです。
 次に敵キャラでしたが、春嵐という子ですね。彼女はミニ丈であるだけでなく着物のデザインや本人も可愛い様相だったのでかなり萌えましたね。
 ここまでの話でご察しかも知れませんが、そのような子がメインキャラには『一切』登場しないのが残念でした(琥珀はミニ丈ですが男の子です)。
 まあ、メインキャラに登場してたら有難みや目標意識が無くなっていたでしょうけどね。
─────────
 買い弁で客をもてなす際に一番威厳を繕ってくれるのは寿司系なのでしょうね。精巧な創りと味だから提供した本人が作ったかどうかは些細な事になるのでしょう。
 サイコパスの方はこれを参考にしては如何でしょうか。尤も、彼らなら既に言われるまでもなく本能的に見出だしているかも知れませんが。
 この事に騙されない私は、相当ひねくれ者という事でしょうね。

【7月23日(月)】
 昨日は理事長恒例の客寄せパーティーだったので、疲れて小説執筆が出来ないかも知れないです。
 しかし、これでもパーティーの頻度は激減してくれたんですよね、前にやったのは二月頃でしたから。
 2017年11月末に廃業になった老人食を委託していた時は誇りに溢れていて、一ヶ月に一回近いペースでパーティー開いていたものです。
─────────
 奇抜な衣装の多い東方projectですが、意外にミニ丈の着物キャラは公式には存在していないのですよね。
 それもあって私は自作小説の主人公に着せたという訳ですね。もし機会があったら誰かに描いてもらいたいです。
─────────
 ガラホにアプリを導入して読書しても、昔ガラケーの電子ブック機能を使ってやっていた読書のように快適ではないのですね。
 恐らく画面のサイズが大きいからでしょう。小説執筆や画像閲覧やランチャーでは非常に有り難いですが、読書では画面内の文字数が増えて快適ではなくなるのでしょうね。

【7月24日(火)】
 綿月依姫は、偉人的人物を人為的に産み出すために不人気にしたと思いますね。
 歴史に名を残す人物は、理解者と同時に罵声や嘲笑を浴びせる大衆も必要不可欠に見えますからね。
 その効果が現れた第一号は『ワンパンマン』であるように思えます。主人公サイタマの劇中での境遇と、依姫の現実での不人気は似たものがありますので。
 現実ではなく劇中の罵声や嘲笑になりますが、遊戯王GXの観客も『宍戸丈の奇天烈遊戯王』を産み出すには必要不可欠だった事でしょう。
─────────
 サイコパスの人は、賛同者は多く集めるが、後継者は作りづらいのでしょう。
 つまり、自分の役に立つ即戦力は集まるが、才能がなければ新たに実力者を育てあげるには至らないと感じます。
 それは自分の子供にも及ぶようですね。だから十分に成長出来ない人が多くなるのでしょう。
─────────
 宅配弁当だと、例えばカレーライスにありつくというささやかな願望も叶えられない訳ですよね。
 それと、300人中170人は味噌汁と食べるのがアリな人というのは伊達ではありませんね。私がホームに入ってからは、たまに特別にカレーを作ってもらっても、その際にもれなく味噌汁が付属する方が多かったですから。
─────────
ガン×ソード』と『平成ガイキング』の声付きのスパロボ参戦を期待しているのですけど、それが実現する気配がありませんね。
 ガン×ソードに至っては、敵の悪性が分かりづらいから尚難しいのでしょう。
─────────
 実際にプレイした事はありませんが、スマホFF5はいただけませんね。
 解像度が上がり、演出もグレードアップしていて見映えは非常に良いです。
 ですが、……すっぴんのレナとクルルが半袖みたいになってる、これが私がこの作品を受け付けない理由です。
 解像度が高い状態でノースリーブなんて描いたらCEROが上がるのを懸念でもしたのでしょうか。でもFFにはもっと際どい格好したキャラは沢山いるのですけどね。
─────────
 具沢山の味噌汁って、私は受け付けませんね。味噌汁はあくまで飲み物として、食事を助ける為に飲みたい派ですから。逆に具の少ないお吸い物だとすっきり飲めて食が進みますね。
─────────
 折り畳み式のポメラは是非とも復活させて欲しい所ですね。
 キッチンタイマーという究極的に相性の良いアイテムを手に入れた今、後はポメラの持ち運び性だけが課題となる訳ですから。
─────────
 私が一番やり込んだゲームは『ロックマン4』ですね。
 かなりやり込んでいたようで、ロックマンで一番簡単だと感じる程になっていました。
 なので、クラシックセレクションで久しぶりにプレイした時は『こんなに難易度高かったっけ?』と驚かされたものです。
(しかし、ダイブマンに関してはダイブミサイルは破壊出来るが攻撃の激しさは増しているというロックマンワールド3の性能に合わせたものであり、感覚のせいではないでしょう)
─────────
 当たり前の事言うかも知れませんが、音楽が鳴っている所、テレビの音のある所って本当に執筆にありがたくはありませんね。それを理解してくれている人が少ないのも問題ですね。
─────────
 中古ゲームを買うとビニールを破いて丸ごとソフトを取り出し、かつ乱暴にテーブルに置く店員って少なくないですよね。
 中古とはいえ、壊れたらどうするのでしょうか?

【7月25日(水)】
 今日ZIP!で腹筋女子の特集があって、それで私は少し前は踏み台昇降運動をしていたのを思い出しました。
 これは結構効果がありましたね。腹筋に僅かながら筋が入ったり、食欲が良好になったりといい事は多かったです。
 それを断念する事になった要因は『隣の入居者』と『ジュウオウジャー』ですね。
 踏み台昇降運動という集中力と体力の両立が必要なデリケートな運動をしている最中で、風呂場で喚き散らしたり、立て籠りされては堪ったものではありませんでした。
 そして、踏み台昇降運動はテレビを見ながら行っていた訳ですが、ジュウオウジャーがいけませんでしたね。
 この作品は『実は』敵も味方も自己愛に基づいた言動をする者ばかりでした。それが表向き勧善懲悪のヒーローもので取り繕っていた為にストレスになりました。
 この二つの要素が重なって、私は踏み台昇降運動をやめてしまった訳ですね。
─────────
 店員が乱暴に扱ったためか、スーパードンキーコング3のレトロフリークでの読み込みに苦戦しました。SFCという安定したソフトでありながら手こずった辺り、可能性はないとは言えない訳ですよね。
 ですが、無事にインストール成功しました。
 SFCでありながら絵はかなり綺麗ですよね。ですが、序盤のステージからシャッターをレバーで引いて開けて、それが閉じるまでに通り抜けるとか、やっぱりこのシリーズらしく難易度は高そうですね。
─────────
 未だにエビルフランケンが破壊の鉄球をドロップしませんね。確率的に盗賊マスター四人がいれば約500分の1位になっている筈なのに。
─────────
 今日から、ようやく『まともな』暑さになってくれるのでしょうか。
 今年も『春』が無くて過ごし辛かったですね。春こそ屋外での読書日和だというのにですね。
─────────
 早いとこ、クーラー点けなくなくてもよくなって、ソファーを使って読書やテレビ視聴に活用したいものですね。

【7月26日(木)】
『黒魔女さんが通る!』を以前に絵柄の可愛らしさから七巻程衝動買いしてしまったのですけど……。
 だんだん一人称描写には読みづらさを感じていきましたね。普段の一話完結の話はまだしも、シンデレラのような長編では一人称はきついと実感していきました。
 でも、一人称小説を書きたい人には、かなり参考になる作品だと思います。ネットで蔓延している一人称小説よりはよっぽど良質ですね。
─────────
 今日は比較的涼しくていいですね。でも、これからどうなることやら。
─────────
 魔神英雄伝ワタルスパロボ参戦して久しいですね。最も参戦が望まれた作品の一つですから、歓喜した人は大勢いる事でしょう。
 そこで私は、この実現の為に困難を極めた事だから可能性は低いと思いますが、『超魔神英雄伝ワタル』の参戦もいつか実現して欲しいと思う次第です。
 私にとって、超の方がリアルタイムで観て、最後まで見終えた作品故に思い入れが深いのですよね。
 もし実現したら、龍神丸の形態変化を堪能出来て面白そうですね。スパロボでは『変型』の扱いでしょうか。そして月光龍神丸は自分を修理する能力持ちなのかと色々期待してしまいますね。
 ですが、一番忘れてはならないのが、尺の都合か本編では実現しなかった『銀狼龍神丸』がスパロボで実現する事ですね。
─────────
 遊戯王シリーズにもっと欲しいのは『優しさ』ですね。ルールとマナーを守ってこそ楽しく行えるデュエルにおいて必要不可欠だと思います。
 ですが、どのシリーズもそれから掛け離れているのですよね。登場人物の信念の描写はあれど、どれでもゲスな人物は結構な頻度で現れています。
 特に四作目はそんな人物を許す心を視聴者に育ませようとしていた感さえあります。紳士的に行うべき遊戯でこれは本末転倒ですね。
 そういう傾向があるからこそ、『宍戸丈の奇天烈遊戯王』が生まれ、かつテーマが『優しさ』になったのでしょうけれど。

【7月27日(金)】
 今日は気温の割りには結構暑い感じがしますね。午後はどうすべきだろうか。
─────────
 東方茨歌仙は、金を払ってまで嫌な上司っぷりを見せられる駄作か、自分が上司を体感出来る良作と感じるかのどちらかですね。
 後者が多いでしょうね。華扇は書籍出身キャラで一番の人気を誇りゲームキャラにも肉薄する程で、更には茨歌仙は累計100万部突破の売り上げになったようですし。
─────────
紅殻のパンドラ』や『ヒナまつり』のように、笑いにしてもいい話題の一線を踏み越えた作品は私は受け付けませんね。
ポプテピピック』にも不謹慎な笑いはあれど、それでも命や社会的弱者に及んではいませんからね。