力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

つぶやき風2019年02月15日まで

【1月11日(金)】
 まだ風邪の調子は良くなりませんね。鼻は大分収まったものの、咳は相変わらず酷いです。
────────
 ドラゴンボールGTを半ば否定するような設定てんこ盛りの『超』ですが、時たま買うVジャンプで見ての判断ですが、とよたろう氏が描く漫画版は結構面白いと思いますね。アニメ版のようなあからさまに狙った描写は控えられていて、かつテンポがいいから見応えがありますね。
 しかし、アニメ版……。原作との兼ね合いが無くて引き延ばしの必要がなくなった環境だというのに、何故テンポが悪かったのでしょうね。
────────
『DRSAGON FANTASY2』は、再現率やストーリー構成や演出では商業作品顔負けでしたが、物足りないと感じたのは、キャラ育成の自由度が無い所ですね。
 FF4のように各キャラの性能が完全に固定されていて、『育てている』という感覚が全く得られないのは惜しい所です。
────────
 オーバーロードは、至高の41人の設定が二次創作しやすいと思われて、原作が小説媒体だからやっぱりやりづらいのではないかと想われます。これが漫画やアニメが原作だったらまた話は違っていたのでしょうけど。
 故に望ましいのは、ツクール作品をツクるのがいいかと思われますが……これも『公式で』ツクール作品版が作られているのですよね。
 そう考えると、丸山くがね氏はスタッフはオーバーロードの二次創作は余り好ましく思ってはいないという事でしょうか。
【1月16日(水)】
 ネットで塗り絵で、ピカチュウを筋肉ムキムキにするという暴挙に出た画像を発見。これには久方ぶりに大爆笑してしまいました。
────────
 逆に考えて、見晴らしの悪いホームですらその気になれば4000字を書けるのだから、見晴らし、日当たりの良い環境ならばそれ以上を見込めるという事ですね。
────────
 コーヒーは小説を『書く』事には即効性がありますけど、『読む』事に関しては余り即効性は有りませんね。コーヒーが役に立つのは、何かを消費する時にという事でしょうか。
────────
 宅配弁当食べた後には読書は御法度になって厄介ですね。折角の夕食後の時間を有意義に使えなくて困ります。
 量はそんなに多くない筈なんですが……恐らく消化に悪いからでしょうね。可能な限り避けるべき代物ですね。
────────
 華仙の人気の最大の要因は、依姫の存在に他ならないのでしょうね。幻想郷の敵対勢力である月に強大な存在がいるから、幻想郷にもそれに対抗出来るような強い人材が必要という事。
 その人材が確保出来るなら、多少人格が歪んでいても気にはされないという事でしょう。寧ろ、この場合は華仙は幻想郷の利益であるが故に(依姫よりも)いい人だと思われている訳ですね。
 丁度これは、ライバル社への対抗人材確保の為にサイコパスの人が雇われるのと同じ原理だという事を……ZUN氏は言いたいのでしょう。
 なので、そういう物語を作るよりも、実際の人間の反応を利用して統計を作った方がメッセージ性が強くなると思って『華仙の人気』を作り上げたと思われます。
────────
 リュウソウジャーのモチーフがドラゴンではなく恐竜なのは、やはり子供に人気のジャンルだからでしょうね。
【1月18日(金)】
 神無月の巫女の腑に落ちなさの一因って、やはり姫子が最後まで完全にありのままの自分に誇りを見出さない事に尽きるでしょう。それなりに成長するものの、要は『千歌音がいるから自分がある』という理論に過ぎないし。
 この辺りもガン×ソードで反面教師にされているのですけどね。問題はアニメゼアル以降、ガン×ソードに倣うよりも神無月の巫女の欠点を再現するような作品が量産されていっている事ですね。
─────────
『許す事が出来ないのなら、許さなくていいのです。それを非難出来る人なんて誰もいません』
 それがいるのですよね。総帥ファンには自動的に彼を許さない→悪全てを許さない人を許さないという権限が備わっていますから。
【1月20日(日)】
 賢者の弟子を名乗る賢者がアニメ化したら、キメラクローゼン討伐するまでを描くのが妥当でしょうか。
 この作品の濃厚な描写は、ワンピース位に大々的にアニメで作ってもいい程だと思うのですけど、このご時世ではアニメ放送の枠って中々確保出来ないですからね。マリみてのような長編小説でもアニメは数回作られたに留まっている事を考えても。
【1月22日(火)】
 私の父は自分の姉が極度のサイコパスだったが故に、サイコパスに慣れてしまっている節がありますね。
 そして、女性に対してはサイコパスでないと満足出来ないようになっていたとも。まず、私の母に当たる人がそうであったし、理事長もそうであるので。
【1月23日(水)】
 孫ゴクッ。いや、彼が童貞卒業しているのは超有名ですね。
─────────
 でも、スーパーサイヤ人ゴッドが赤髪になったのは何かの因果があるのでしょうか。
─────────
 QRコード作成ツールを探してみたら、そのようなものはそうそうないみたいですね。
 やはり、そのような代物を容易に作れるポメラの機能は大切に有効活用しないといけませんね。
─────────
 何かと好評な『東方先代録』ですが、個人的に先代→一人称、他勢力→三人称のスタイルなので読みづらいです。
 しかし、そこを慣れたら快適に読めるようにはなりそう。『ゲームとは違う』という大切な事も言っていたし。問題はその慣れを手に出来るかという事。
【1月24日(木)】
 理事長とその友達。入居者の朝に対応出来ないのなら、友達なんか連れて来るなと言いたいです。そもそも運営に遊び感覚でやって欲しくないですね。
【1月25日(金)】
 逆に言えば、公共の場の子供や赤ん坊の騒ぐ声を遮断する発明品なんか創れたら、億万長者間違いなしって事ですよね。
─────────
 予想通りというべきでしょうか。東方先代録は一人称と三人称が混じるから戦闘に臨場感が出にくくなっていますね。シリアスな三人称とおバカな思考の一人称のギャップを楽しむのが、この作品の味わい方なのでしょうけど。
─────────
 東方先代録の一番の違和感は一人称と三人称が混じる所だけど、他作品の漫画等から『そのまま』技を拝借してしまう点ですね。
 私も自作小説で他作品ネタやりますけど、それは小ネタやオマージュ、パロディーの範疇に収めて、流用という形は取っていません。
 それでも先代録は人気の作品ですから、それを補う程の力があるという事でしょう。例えばそれは今読んでいる所から判断して、先代の活躍の場である過去の描写がとても細かい点とかですね。
─────────
 今じゃアトラクションで30分とか時間単位で待つなんて耐えられないでしょうね。昔はよくやれたものです。
【1月26日(土)】
 やはり夕飯食べた後の読書は、やめた方がいいですね。
────────
 Meryで壁紙使用かつフルスクリーンでの執筆は、いくらでも続けたいと思う程のポテンシャルがありますね。
 問題は、冬場だとそれ意外の課題として、寒くて体力が削がれている中でという話になってきますね。
【1月31日(木)】
 そもそもホームの自室の見晴らし、日当たりが良ければ、執筆にポメラとパソコンとガラホを使い分けようなんて思わないのですけどね。
 見晴らし、日当たり良ければポメラだけで事足りるのですよね。
 そうは言っても世の中には日当たりを軽視するタフな人は多いですからね。私もそういう図太い多数派になりたかったものです。
【2月1日(金)】
 最近はガラホを夜中に完全充電しても、朝プラグを抜くと95%になったりします。
 寒さのせいですね。今年はとても冷える事の縮図に思えます。
────────
 運動したいのは山々なのですが、この季節は寒いので外でウォーキング等をすればそれだけで体調に悪影響が出てしまう訳ですよね。困ったものです。
【2月4日(月)】
 今朝起きてガラホのバッテリーを確認したら75%でした。充電していたにも関わらず。これが、今年はいかに夜冷える状況かという縮図でしょうか。
【2月7日(木)】
 もし、私が某総帥を好きになれたらどれだけ楽かとも思う。
 しかし、そうなってマインドコントロールされた状態となれば、他の人の総帥の批判が一切許せなくなるので、それはそれで損でしょう。
【2月8日(金)】
スマホ教室』なるものが設立される程、スマホの機能って難解化しているという事だろう。
 最早携帯電話の範疇を越えてパソコンのような扱いだと捉えるべきなのでしょう。
─────────
 小説作品の刃牙外伝『ゆうえんち』。さらりと見た感じ結構いい味だったから、いつかじっくりと読みたいのだけれど、これって書籍化はどうなるのだろう。刃牙道の単行本のおまけ辺りが妥当なんでしょうか?
【2月13日(水)】
 昨日の書道の疲れが抜けません。やはり疲れますね、いい事なしです。
─────────
 個人的に、関西弁が繰り広げられたって事で『あさがきた』ではなく『ぷらがきた』にしたい(真なる破壊者ネタ)。