力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER リベン珠】第8話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第八話 メタボになるよ:前編】
「う……ん」
 そのくぐもった唸り声と共に、フライパンの上に乗せたバターのようにじわじわと意識が覚醒していく。
 その朝の気だるくもどこか心地の良い感覚を噛み締めるのは勇美であった。
 そして、意識がだんだんとはっきりとしていくと、ここが普段寝慣れた永遠亭の自室ではない事を悟っていく事となる。
「そうだったね、昨日は守矢神社に泊まったんだっけ……」
 勇美はその事を実感していくと、むくむくと心に高揚感が滲み出してくるのだった。
 それは、住み慣れた自分の家以外の所で目覚めた事により、外泊という新鮮な行為をしたのを味わう心躍る一時なのである。
 この時間は非常に神聖なものであり、何人たりとも邪魔をしてはいけない宝物なのだ。
 だが、今回はただのお泊まりではないのだ。その事を勇美は思い返し、半覚醒の意識のまま井戸のある外へと向かったのである。
 そして、そこから桶で井戸水を汲み上げ、その水で顔を洗ったのだ。
 瞬間、勇美に厳しくも背を押してくれるかのような、そんな刺激が彼女の顔から脳へと送り込まれていったのである。
「ふ~、スッキリした~☆」
 刺激が収まれば、後に待っていたのは完全に覚醒した事による朝の爽やかさであった。これがあるから誰しも毎日朝を迎えられるというものなのだ。
 覚醒ついでに辺りを見回せば、まだ陽は昇り切っておらず、遠くの地平線で頭を出している所であった。
 そして、全貌をさらけ出していない事により辺りは青に微かにオレンジ色が掛かった幻想的な光景となっているのだ。
 それが早起きした時に味わえる自然の芸術といえる産物であろう。勇美はその光景に立ち会えた事に密かに心の中で感謝する。
 しかし、今はその喜びは程々にしなければいけないだろう。
 何故なら、勇美はここまで遊びでやって来た訳ではないのだから。確かにこの今の瞬間は喜ばしいのではあるが、彼女にはやらねばならない事があるのだ。
 それには、まずはこの旅に同行してくれたパートナーに意識を向けなければならないだろう。
鈴仙さんは今どうしているかな……」
「あ、おはよう勇美さん」
 勇美が独りごちようとしていた瞬間を見計らったかのように、そのお目当ての人物から声が掛かったのである。
「あ、鈴仙さん。噂をすればですね。おはようございます」
「勇美さん、あなたも早く目が覚めたのね」
「ええ、お泊まりする形になれたとはいえ、私達には幻想郷を護る為に旅をする役割がありますから」
「そうね……」
 二人はその揺るぎない目標を互いに確かめあって頷き合ったのだ。
「勇美さんも同じ気持ちで良かったわ。その事に『皆さん』も気付いてくれたようだし」
「『皆さん』?」
 そう勇美が聞き返すと、そこに声が掛かって来たのである。
「勇美~、鈴仙~。ご飯が出来たよ~」
 その声の主は、守矢神社の主の一人たる諏訪子からのものであった。
「あ、丁度準備が出来たみたいですね」
 鈴仙は諏訪子の声を聞いて、したり顔となって勇美に言うのだった。
「あれ、諏訪子さん? でも起きるのは早くないですか? 私達が早く起きたのは予定になかった事ですし……」
 当然の疑問を勇美はぶつける。そうだろう、こうして自分と鈴仙が朝早く起きる事は決まってはいなかった事だから。
「まあ、私と神奈子は神様だからね。これくらい文字通り朝飯前だよ」
「あはは……神様だからですか……」
 そう言われて勇美は深く考えない事にしたのだった。その領域は人知の及ばない所だろうから。
「それじゃあ、お言葉に甘えさせてもらって、早めの朝ごはんを頂かせてもらいますよ」
 なので勇美は気持ちを切り替えて諏訪子にそう言うのだった。
 そして勇美と鈴仙の二人は、守矢の二柱が早く起きて用意した朝食にありついた。
 ちなみに早苗はまだ起きていない。彼女は神の力の注がれた『現人神』であろうとも器は人間なのだ。だから二柱に合わせさせる無理強いは出来ないというものである。
 その朝食はご飯に味噌汁、焼き魚、漬物と言った素朴なレパートリーであったが、これぞ和食の朝食の醍醐味というものだろう。
 そして、そのしっかりとした味付けに勇美と鈴仙は舌鼓を打ちながら食し、朝のエネルギー補給と味の楽しみを滞りなくこなしていったのだった。
 朝食が済んだ後、勇美と鈴仙は後片付けを手伝おうかと申し出たのである。
 しかし、その気遣いに二人は及ばないと言ったのだ。
 他でもない、二人は今異変解決に向けて動いているのを考慮しての事であった。それに対して妨げなく行う為に余計な労力を使わせてはいけないとの事である。
 そういった二柱の計らいもあって、勇美達の出発の準備はスムーズに行われていって今に至る訳である。
「それでは、神奈子さん、諏訪子さん。色々とお世話になりました」
「こっちこそ楽しい時間を過ごせたから、有り難うね」
「それじゃあな。幻想郷を護りたい気持ちもあると思うが、余り根詰めてやるんじゃないぞ」
 そう言ったのは神奈子であった。その言葉は二人を気遣っての本心であった。
「はい、心に留めておきますよ」
「同じく」
 その配慮に二人は嬉しくなり、こうして気に掛けてくれる者達がいる事に心強さを感じた。
「それでは、ありがとうございました」
「あ、ちょっと待って」
 これで暫しのお別れ、そう思いながらこの場を離れようとした鈴仙に対して諏訪子が呼び止めた。その際にも鈴仙のしわくちゃ耳がピクンと動いた。
「どうしましたか?」
「大した要件じゃないんだけどね、この異変を解決したら、そのウサ耳貸して欲しいなぁ~って♪」
「微妙に私に死亡フラグを立てないで下さい。しかも、この耳は本物だから貸せませんって」
「「そうだったんだー!」」
 ここで諏訪子と勇美の言葉が見事にハモったのだった。
「……って、何で勇美さんまで驚いているんですか?」
「だって、その耳にはボタンみたいのが付いているでしょう? それでてっきり偽耳だと思っていた訳ですよ」
「あ……、何かごめんね……」
 身内である勇美にまで変な誤解を与えていた事にいたたまれなくなって、取り敢えず鈴仙は謝っておいた。
「……まあ、それはさておいて、旅を再開しましょう。急ぐのは良くないけど、逆に余りゆっくりもしてはいられない訳ですからね」
「そうですね。……お二人とも、改めてありがとうございました」
「いや、私達は異変解決には余り関与しないと決めているからな、この位の手助けはさせてもらうさ」
「いつでも来ていいからね~」
 そのように二柱に暖かく送り出され、とうとう二人は再び旅立ったのだった。

◇ ◇ ◇

 ちなみに、その後陽がしっかりと昇った後で早苗は起きて来たのである。そして……。
「い~ざ~み~ざ~ん! 何で私に何も言わずに行っちゃったの~!!」
 当然の如く早苗は打ちひしがれていたのだった。
「早苗、勇美達は忙しいんだ。それにまだ寝ていたお前に気を遣って起こさなかった訳だぞ」
「はい、そうですよね……」
 だが、神奈子に諭されて納得をする。早苗は妖怪退治においてはサディスティックな面があれど、基本的には真面目な性格だから物分かりは良いのである。
「しかし、異変解決の差し支えにならないようにとはいえ、勇美さんを目の前にして頭の一つもなでなで出来ないなんて心に毒ってものでしたねぇ……」
「……早苗、今回お前はよく頑張ったよ……」
 我が子同然の早苗のやばい衝動におののきながらも、神奈子は彼女の奮闘を評価するのだった。
 早苗は見ての通りだし、諏訪子は諏訪子で鈴仙の兎耳に夢中になる子供染みた様子を見せていたので、守矢神社にはそんな者達ばかりなのかと密かに心の中で溜め息を吐いてしまう。
 だが、その神奈子にも天然染みた所がある訳だから、守矢一家にはまともな者がいないのかも知れないのだった。

◇ ◇ ◇

 話は再び陽が昇る前へと戻る。そして勇美と鈴仙は守矢神社の近くの湖の前へと歩を進めていたのだった。
「うわあ~……綺麗……」
 思わず嘆息する勇美。そうならざるを得ないような情景がそこにはあったからである。
 まずは見渡す限りの広大な湖が眼前に存在しているのだ。それだけでも心を奪われる光景であろう。
 それに加えて、今は朝日が出かけている状態であるが故に辺りは幻想的な群青色に染められているのだ。その色が湖面にも満遍なく塗りたくられているのである。
 極め付きはその湖の水平線に、生卵を落とし込んだかのように朝日が顔を覗かせているのだ。それにより辺りは群青色の中に心地よい橙色が混じっていて、早く朝に起きて程よい気だるさに包まれている勇美達の気分を高揚させてくれるのだ。
「本当に素敵よね」
 その勇美の意見には鈴仙も賛同するのであった。彼女が元いた月にもそういう綺麗な情景はあったが、生命が地に足を付けて育まれ、そして『全てを受け入れる』性質を持った幻想郷には敵わないと実感してしまうのだ。
 だが、今はこの光景に余り酔いしれてばかりもいられないのだ。月の者達によって起こされている異変をいち早く解決に向かわねばいけないのである。
 殊更、今鈴仙の案内で向かっている場所は『内容が内容』なだけに絶対に地上の者達に悟られてはいけないのだ。それも彼女達が朝早く守矢神社を出発した理由なのであった。
 そのようにして日の出の闇と共に行動を進める二人であったが……どうやら湖には先客がいたようだ。
 その者は橙色の半袖のシャツに、脚部がかぼちゃを彷彿とさせるような膨らんだズボンを履いている。その形状は『ハーレムパンツ』というものに似ているようだ。
 顔は金髪のショートヘアに帽子、そして何といってもその間から生える兎の耳だろう。
 その耳は下に垂れていた。帽子を被っているからだろうか、それとも彼女の耳がそういう性質だからだろうか。
 詰まる所は……。
「あなたも玉兎さんなんですよね?」
「あ、始めまして。私は『鈴珸』といいます。二つ名で『橘色のイーグルラヴィ』等と名乗らせてもらっていますよ」
 ちなみに清蘭は『浅葱色のイーグルラヴィ』ですよと『鈴珸』と名乗った玉兎は付け加えた。
 鈴珸はそう勇美と話をしながらも、手に持った団子の串から一粒噛むと、それを口の中に引き寄せてもぐもぐと食べ始めたのだ。──会話中であるにも関わらず。
 それにはさしもの勇美も呆気に取られてしまった。
「……食いしん坊さんなんですね……メタボになりますよ」
「まあ私の能力の関係上、団子の定期的な摂取は欠かせないのですから多目に見てやって下さい。それに、食べた分のエネルギーはちゃんと消費しているから心配には及びませんよ」
「そういう勇美さんだって、食いしん坊じゃないですか。昨日の時点で清蘭からシチューをお裾分けしてもらっていたし……」
「う、確かに……」
 鈴仙にそう指摘されて、自分も人の事が言えないなと勇美は自嘲するのだった。そして、この会話で出た名前を聞いて鈴瑚は話の方向を変える事にしたようだ。
「あ、そうそう。清蘭から聞きましたよ、面白い人間と出会ったって。あなたが黒銀勇美さんですね」
「はい、そうです。私がその黒銀勇美です」
 そう返事を返しつつも、結局は清蘭はこうして仲間に知られたのだと勇美はその事を受け入れようと思うのだった。
 そして、鈴瑚とは互いに名前を知る間柄となったという訳で、勇美は取り敢えず挨拶をしておくべきだと考える。
「と、言う訳でこちらこそよろしくお願いしますね。橘さん」
「いや、その呼び方はやめなさい!」
 その呼び方だと何か色々変な方向性になってしまうからだ。例えばボロボロとか辛味噌とか。
「いえ、あなたは食いしん坊さんだし、とても馴染むと思いますよ」
「う……」
 返す言葉が無くなってしまう鈴瑚であった。この時ほど彼女は自分のイメージカラーと特性を呪った事はなかったようだ。
 だが、彼女は仮にも清蘭の上官を務める身。すぐに平静を取り戻して話を切り替えるのだった。
「それで鈴仙、裏切ったって本当ですか?」
「ええ、まあ。私は地上の兎になった訳d……」
「違いますよ橘さん。そこは『オンドゥルルラギッタンデスカー』じゃないと♪」
「いい加減『橘さん』から離れなさいっ!」
 そう言って鈴瑚は勇美にチョップを強かに決めたのであった。地味に鈍い音が朝日の眩しい空間に響いたのだった。
「う~……。地味に痛いですよ」
「しょうもない事続けるあなたが悪いのですよ」
「はい、自重します……」
 勇美は漸くここで悪ノリをやめようと決めたようだ。対して、鈴仙は話を進めるべく切り出す。
「鈴瑚、あなたが来たから丁度良かったわ。これから月へ向かう為に秘密の通路を使わせてもらうわよ」
「はいどうぞ」
 鈴仙の申し出に鈴瑚は素直に従うのだった。そして彼女は「さあ、勇美さん行きましょう」と相方に対して促し、そのまま歩を進めて行くのだった。
「……」
 勇美はそれに従いつつも、どこか釈然としない気分となっていた。──これは何かが違うと。
 そう思いながらも鈴仙と共に先を進む勇美達の足下に何かが命中したのだった。ボンと弾けて地面に軽く小さな穴を開けた。
 その穴の中には何も残ってはいない所から、今のはエネルギーの塊が着弾したのだと窺えるだろう。それに続いて、後ろから叫び声が届くのだった。
「って、そんな訳ないでしょう!」
 それを聞いた瞬間、勇美は思った。「ノリツッコミだー!」と。

◇ ◇ ◇

 その後は一人と二羽は察しの通り、弾幕ごっこの為に向かい合っている状態となるのだった。
「それにしても便利な決闘方法ですね」
 そう言いながら鈴瑚は弾幕ごっこという幻想郷の勝負のルールに感心の意を示す。
「そうですよね。だから私は弾幕ごっこが好きなんですよ」
 鈴瑚の主張に勇美も同意の念を表す。そして、彼女自身が自分から弾幕ごっこを愛していったのだとここで勇美は思い返した。──この勝負方法があるのが幻想郷の素晴らしさの一つだからだと。
「では、始めましょうか」
「そうですね、月の者だから私はまだ慣れない所があるけど、お手柔らかにお願いするわね」
 そう言い合った後に、朝日の元での弾幕ごっこが始まるのだった。
 勝負が始まると同時に、鈴仙は勇美に話掛けた。
「勇美さん、鈴瑚は強いですから、ここは二人で一気に攻めましょう」
「それがいいでしょうね」
 何と言っても、清蘭の素質は戦った勇美が良く分かるのだ。その上官を務める鈴瑚ともなればその実力は高いと見ていいだろう。
 そう互いの意思を確認し合うと、二人は一斉に銃口を鈴瑚へと向けたのだった。
「【星弾「プレアデスブレット」】」
「ルナティックガン」
 それらの掛け声と共に、二人は実に息の合った連携で鈴瑚目掛けて引き金を引いた。
 標的目掛けて真っ直ぐに進んでいく星の弾と、月のエネルギーを籠めた弾丸状の弾。
 このまま行けば鈴瑚に命中するだろう。だが、彼女はこの不利に見える状況でも決して平静を崩しはしなかったのだ。
 そう、彼女はこのようなタイミングを見計らってスペル発動の機会を探っていたのだった。
「【兎符「ストロベリーダンゴ」】」
 そう言って彼女は手に持った団子の一つを、この戦いの最中に食べたのである。そして、手っ取り早く団子を咀嚼すると彼女は目を見開いたのである。
 次の瞬間、それは起こったのだった。彼女は自身に迫っていた二種類の弾丸を、軽やかに最低限の動きでかわして見せたのだ。
「「!?」」
 これには二人は驚いてしまった。確かな連携の元、しっかりと標的を狙っての射撃であった筈だ。それをこうも易々と回避されてしまったのだから。
 だが、二人とも今まで弾幕ごっこでの積み重ねは伊達には行っていないのだ。だから、彼女達は驚きは一瞬しただけですぐに気を取り直すのだった。
 まずは勇美が第二派を鈴瑚に送り込む。
「そこっ!」
 そして再び星の弾丸が鈴瑚目掛けて迫る。だが、それはさも当然とでも言うべく彼女に実に軽やかなステップでかわされてしまった。
 だが、勇美はここで取り乱しはしなかったのである。その理由は。
鈴仙さん、そちらはあなたに任せます!」
 そう、かけがえのないパートナーの存在があったからだ。今は彼女には頼りになる仲間がいるのだ。
「分かったわ」
 勇美に呼び掛けられて、鈴仙は素直に彼女の言葉に従ったのである。そして、鈴瑚が勇美の銃撃をかわし、フットワークでステップを踏んだ所を鈴仙は攻撃したのだった。
「見事な連携ですね、でも!」
 その事に感心しつつも鈴瑚は怯む事はなかった。そして、鈴仙の攻撃さえも軽く舞うように回避したのである。
 だが、勇美はある事を見逃さなかった。
「やりますね、次!」
 言って勇美は再び銃撃を繰り出す。しかし、当然のようにかわしてしまう。
「何度やっても同じですよ!」
 得意気に言ってのける鈴仙。だがそこを鈴仙が狙う。
「次は私よ。口を動かしている余裕はあるんですか?」
 そう言う鈴仙から放たれる弾丸。だが、それも鈴瑚は避ける。
「いくらやっても変わりませんよ」
 言い捨てながらも鈴瑚はステップを踏んでいた。そして、いつまでも回避に回ってばかりでは埒が明かないので彼女は次なる手を打とうとする。
「避けてばっかりでは芸がないので……っ!」
『次はこちらからいかさせてもらいます』その言葉を言い終える前に彼女の言葉は妨げられてしまったのだった。
 一瞬彼女は自分の身に何が起こったのか理解出来なかった。だが、漸く脳の理解が追い付いてくると彼女は今の現状を把握するのであった。
 痛みの走る脚部。それによりバランスを崩している体。
 それが示す答え、それは鈴瑚が攻撃を喰らってしまった事に他ならなかったのだった。
「っ……。やりますね勇美」
 鈴瑚のその言葉が示すように、彼女に攻撃を与えたのは勇美のようである。
 驚きの態度で勇美を見つめる鈴瑚に対して、彼女は詳しく解説をしていく。
「確かに鈴瑚さんの身のこなしは見事でした。でも、いくら巧みな体捌きでも、それには限界があるって事ですよ。それはあくまでエネルギー体ではない生の『肉体』なんですからね」
 そう言ってから勇美は付け加える。依姫が舞踊の神『天宇受売命』の力を借りて身のこなしをする様を幾度となく自分は見てきたから分かるのだと。
 それを聞いて鈴瑚はどこか納得をするのであった。
「そうですね……あの人をずっと見てきたのなら頷けますね……」
 鈴瑚とて、依姫の実力はよく理解しているのだった。寧ろ自分には幾ら奮闘しても辿り着けない境地だと。
 だから鈴瑚は総合的な能力では敵わないなら、せめて肉体能力だけでも肩を並べられるようになろうと体術を磨いてきたのだった。件の団子を食べれば食べるほど強くなる能力は、自分の肉体強化を追求するうちに身に付けた代物なのだ。
 なので自分の体捌きに、鈴瑚は並々ならぬ自信があるのである。故に自分の肉体には絶対の信頼がある為、ここで鈴瑚は勇美から攻撃をもらっても心が折れる事はなかったのだ。
「見事です勇美。ですが、私の肉体機能のウリはフットワークだけとは思わない事ですよ!」
 そう鈴瑚が言った瞬間、彼女の纏う雰囲気が代わったのだ。これには当然勇美も警戒する。
 その為に勇美は身構えたのであるが、それよりも鈴瑚の行動の方が一枚上手だったようだ。
 彼女はタンッと一際強く地面を踏みしめると、その勢いに乗って一気に勇美に対して距離を詰めて行ったのだ。
「やっぱり清蘭から聞いた通り、あなたが特に曲者みたいだから、先に叩かせてもらいますよ」
 そう言いながら鈴瑚は刻一刻と勇美に差し迫って来る。だがそれにおののきながらも勇美は冷静に対応する。
「いい判断ですね。でも私とてそう易々とやらせはしませんよ!」
 言うと勇美は迫り来る鈴瑚に対して引き金を引き、星の弾丸を放出する。しかし……。
「いい狙いですね。でも私もそう簡単に当たってあげる事は出来ませんね!」
 そう言いながら鈴瑚は身を屈める事で、最低限の対処で勇美の射撃を寸での所で回避したのであった。
 それも勇美に迫る勢いを殺さずにである。このような芸当をこなしてしまう辺り、鈴瑚の実力の高さを窺い知る事が出来るであろう。
「まずい……っ!」
 その状況に勇美は何か良からぬものを感じてしまう。そしてそれは現実のものとなるのだった。