力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

疑似サガ200629-004

【グレイに対抗させたいこんな主人公】
対抗させたいシリーズです。ロマサガ1のグレイに対して様々な作品の主人公を対抗させていきましょう。
────────
アストラル、IV、ベクター(真月零)。
グレイ「彼らは…アニメ版かっとビングの実質的な主人公だろう」
ミリアム「三人の内二人が卑劣な言動した人物なのは、監督が前作のあの人を自分自身だと感じている事が起因しているんだろうね」
ホーク「こう考えてみれば、遊馬には自分であるIVに都合良くさせる為に復讐を否定させて、同じく自分である真月に都合良くさせる為に仇討ち宣言させると…そんな事させれば遊馬は二枚舌にもなろうぜ」
アルベルト「ですが、そんな無茶な作りが漫画ARC-Vの遊矢シリーズ全員が主人公というアイデアになっただろう事も忘れてはいけませんね」
────────
窓付き。
ミリアム「ゆめにっきの主人公ね。絶対本名ではないだろうけど、メニュー画面での記述からこう呼ばれているね」
ホーク「恐らく、メニュー画面の絵の『窓』を表示するかしないかのシステムが導入される予定だったが没になった名残なんだろうぜ」
ガラハド「じ 実行するにはコモンイベントとそれを起動するアイテムやイベントが必要になるから、面倒だったか余計な労力を使わせるからだろうな きさまらー!」
グレイ「ちなみに俺はれっきとした本名だからな?」アルベルト「確か髪と瞳の色からそう名付けられたんでしたっけ?」
────────

姫宮千歌音(ネット小説版)。
ホーク「こっちでは正真正銘の主人公となっており、更にロボ描写を廃しているから読みやすくなっていた訳だな」
ミリアム「原作での『存在するだけで偉い』ような扱いはなくなって、きっちり心理描写がなされていて好感が持てるわね」
アルベルト「同じ人物でも作り手によって別物と考えるべき一例でしょうね」
グレイ「派生作品やこの辞典ではノリノリで殺してでも うばいとる奴になった俺とは逆の処理だよな…ふー」
ガラハド「は はっきり言ってあの小説は原作より面白いのに消滅して残念だなきさまらー!」
◆◆◆◆◆◆◆◆
すざくに滅ぼされてもいい、こんな場所】
サガ1の朱雀は都市世界を滅ぼしていたので、そんな彼に滅ぼされても良さそうな場所を。
────────

ハートランドシティ(アニメ版)。
にんげんおとこ「アニメゼアルの物語の舞台だが、IVの言及に対してシャークは復讐に訴えなければならなかった辺り治安というものが疑われるぞ」
エスパーギャル「実際にあんな事をカミングアウトされたなら警察やら探偵やらに証拠物件を探してもらうのが妥当だというのに、そういう話が出なかった所がこの都市が信用出来ない所ね」
エスパーマン「メタ的に話をすれば監督が復讐を憎んでいたから否定するために真っ当な設定を与えなかった所だが」
すざく「意図せず碌でもない場所となったのはキドラントに通づるものがあるな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【帝国重装歩兵に対抗させたい、こんな遅い、固い、強いキャラ】
ロマサガ2のベアをはじめとした帝国重装歩兵です。実際は一部を除いて使い勝手は良くなかったりしますので、主にネタ的な意味合いですね。
────────
ジャイアントロボ
最終皇帝「重さ1000トンで有名なあのロボだな。スパロボでは分厚い装甲に高い攻撃力に予想に反しない鈍足と、正にこの項目にピッタリの逸材だな。機体強化イベントがない為に終盤通用しづらい性能なのが惜しいが」
ハンニバル「それ以上に惜しいのが、この作品関連のストーリーだな。版権の関係か消化不足で終わり、以後のスパロボには参戦してないぞ」
ベア「俺達と違って、大人の事情でお呼びが掛からない訳か。それはそれで辛いな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【キドラント町長に対抗させたいこんな小悪党】
サガでも指折りの悪名名高きキドラント町長に対抗させるべく、悪党の中でも意識レベルの低い者達を書いていきましょう。
────────
クラディール。
ユリアン「血盟騎士団を犯罪組織の構成員だという素性を明かす事なく務めていた男だ」
ハリード「キリトに決闘で負けた腹いせに配食に麻痺毒盛って仲間二人をノリノリで殺しつつ彼を追い詰めた外道っぷりを見せたぜ」
トーマス「しかも、ヒースクリフと戦った後すぐにやらかしたから彼の引き立て役にもなっていない所が煮え切らないな」
エレン「でも、そんな展開に不満をもった一人が『転生したら剣でした』を生み出すに至った事も忘れてはいけないわね」
サラ「町長も『ふしぎの城のヘレン』を生み出してるから似てる所だね」
ミカエル「小悪党が一番役割を果たす時とは、現実に有能な作家や作品を生み出させる時かもな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【ボクオーンに捧げたいこんな植物】
捧げたいシリーズです。ロマサガ2のボクオーンはプログラミング上植物として扱われますので、そんな彼にと。
────────
キャプテン・コーン。
ヴァイカー「漫画版Mr.ハートランドの技術で産み出された人工生命体ですよ。かつての大海賊の食べていたトウモロコシの食べ残しの一粒から産まれた為に強さに憧れるという漢でしたよ」
ボクオーン「し しかしレバーで金的とか、負けてポップコーンとか、ほとんどギャグキャラではないか きさまらー!」
ワグナス「そういうお前もギャグキャラのようなものだろう」
ロックブーケ「しらきりで奇襲の隙を窺ったりとか、ほびーとか。りっぱな ギャグキャラですわ」
────────
風見幽香
ヴァイカー「四季のフラワーマスターの二つ名を持つ妖怪です。花の妖怪ですから植物でしょう」
ボクオーン「おっ、これは極上の植物ではないか?」
ダンターグ「この木偶人形に紳士的で武人な最強クラス妖怪?不釣り合い過ぎるわー!」
スービエ「二次ではSが執着してるが、Sとずる賢いは全くの別物だしな」
ワグナス「先代録はいい感じに冷酷で狂人だが…やはりボクオーンのイメージには合わんな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【かみに紹介したい、こんな神の使いキャラ】
ロマサガ1の神の使いにいいだろうキャラをあげていきましょう。
────────
ミチビキエンゼル。
にんげんおとこ「青ダヌキ道具だが…天使って事で出せるだろう」
エスパーギャル「この回の教訓は物事は自分で決めるべきって事なのよね。そして、『あなたのためを思って言っているのです』から察するから毒親がモデルなんだろうけど…はっきり言って正真正銘の毒親野比玉子よりも遥かに良心的よ」
かみ「その事が、対決ひみつ道具では頼りになるナビゲーターにされた要因かも知れませんね」
エスパーマン「お前のようなオチもなかったし…本当に良質な案内役だったよな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【こんな3種の神器は嫌だ!】
三邪神の項目と違うのは、人物ではなく物や概念を挙げるという所です。
────────
キン肉マン、家庭教師ヒットマンREBORN、嗚呼!バラ色の珍生。シリアス化作品一例。
────────
キン肉マン遊戯王デュエルモンスターズGXワンパンマン。観客、ギャラリーの意識レベルが一際低いヒーロー作品。
────────
地下への移動手段持ち、攻撃手段は射撃主体、ビームコート搭載。ビッグ・オーとヴォルケインの共通点。
◆◆◆◆◆◆◆◆
【ブラッククロスに対抗させたいこんな組織】
サガフロ1のレッド編の悪の組織、ブラッククロスに対抗させるべく他作品から組織を挙げましょう。
────────
カギ爪の男の組織。
ベルヴァ「囚人惑星を粛正しようとする組織で、組織名がないのはファサリナの弁では別に世界征服する気はないからだぞ」
ラクーネ「二人の恋人の仇であるカギ爪がトップに立ち、ヴァンの恩師のガドヴェド、ウェンディの兄のミハエル、カルメンが帰る場所を失った事と無関係ではないファサリナ等が所属と、同じ6:1からなる某組織を反面教師にしただけあって味方との絡みは濃厚よ」
メタル「しかし理念はカギ爪の自己愛からなるから、まっとうな敵の正義が見たい場合は5D's等へステップアップするのがいいな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【てめえが強すぎるんだよ この大女め!】
元ネタはロマサガ1のシフを仲間にしない時の選択肢です。ではシフがどのように強すぎるのかを考えていこうというものです。
────────
0円食堂で米の入手が出来る。
シフ「あたしに掛かればこんなもんさね、ドゥハハハハ!」
城島「おおー しんじられへんわー。始まってから二回しか入手してない貴重品をこうもあっさりと手に入れるなんてやー」
ガラハド「で 出所が気になるぞ きさまー!」
────────
古明地こいしふである。
シフ「つまり、EXボスが務まり、人気もいつも首位争いする訳さ。ドゥハハハハ!」
ガラハド「い 色々反則だぞ きさまー!」
アルベルト「しかし、実際のシフさんの人気っていかほど何でしょうね」
グレイ「サガミン版に絶望した人が多い事からも、高い事が伺えるんじゃないか?」
────────
趣味:無の海で海水浴。
シフ「これは泳ぎ心地がいいねえ~ドゥハハハハ!」
6主人公「おおー しんじられぬー。こんな得体の知れない海を泳ぐとは」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【白アリに対抗させたいこんな虫】
ロマサガ2で猛威を振るう白アリに対抗させるべく虫キャラを挙げていきましょう。ちなみに蟻を挙げる項目は既にあるので、蟻以外の虫となります。
────────
Mr.ハートランド
ジェイムズ「バリアン界に落ちた彼は虫になった訳だから出せるだろう」
ハンニバル「しかしな、彼は桑原監督が総帥を崇拝していないフリをするためだけに作られたナンセンスな存在だからな」
ヘクター「そんなら、真に総帥の意志を引き継いだIVやベクターでも呼んでみるか?」
コウメイ「いえ、まずベクターは誰かに貢献するなんて事はないでしょう」
最終皇帝「IVはIVで、奴は殺人力は滅法強いだろうが殺虫力は低そうだしな」
────────
アバ・ドン。ジェイムズ「いくつかあるオーバーロード二次創作作品の一つの主人公の蟲王だな」
ハンニバル「この作品はオバロ二次の中では比較的好きだな。ナザリックの面々のコミュニケーションを計って本来犬猿の仲のセバスとデミウルゴスを取り持ったり、外部遠征の為の勢力を引き抜く際に筆記・面接をしたりと本家とは違う味があるからな」
コウメイ「しかし、やはり一世を風靡した原作に描写の具合が中々追いつけないものですよね」
最終皇帝「やはり原作が一番って所だろうな」
────────
ジンガー。
ハンニバルSDKシリーズの恐怖の蜂だな。トゲが尻だけじゃなくて背中にまで生えているから踏んで倒せない、しかもそんなのが宙を自在に飛ぶんだから厄介極まりないという訳だ」
ジェイムズ「ゴルドーと同じ匂いがするが、コング達が一発で倒れる以上厄介さでは比較にならないぞ」
コウメイ「ちなみに、名前の由来は恐らく蜂→ハニー→マジンガーと、GO永井の名作繋がりからでしょうか」
最終皇帝「語感が全身トゲトゲのイメージにピッタリで、かなり秀逸なネーミングと言えるだろうな」
────────
ボルシチ
最終皇帝「蜘蛛人間型のバンカーだな。彼の吐く糸はダイヤモンドの1000倍の硬度を持つという凄まじいポテンシャルを秘めていたぞ」
ハンニバル「しかし、術士タイプのウィンナーに対してすらペチッと変な音がするだけで決定打を与えられなかったのはいかに?」
ソフィア「トリビアの泉でやっていたように硬度というのはあくまで切り傷に対する強度だから、樫本先生もその事分かっていてこうしたんじゃないかしら?」
コウメイ「我々の世界のダイヤモンドダストといい、ダイヤ的なものは打撃に向かないって事でしょうね」
────────
ライフストリーム・ドラゴン。
最終皇帝「龍亞対応のシグナーのドラゴンだな。概観が虫っぽいから出せるだろう。満を持して彼のドラゴンとなった訳だが…」
ハンニバル「パワー・ツールというシンクロモンスターに更にチューニングしないといけないのが使い勝手が悪いよな。その辺も小野監督は『ワザと』やってるんだろうな」
コウメイ「しかし、LPを4000に『する』効果は他にはなくてうまく使えば強いですよ。そして、もし我々が使えば…」
コッペリア「オレのLP99が霞むじゃねーか!」
ソウジ「是非拙者に使ってくれ、たのむ!!」
◆◆◆◆◆◆◆◆
ジャミルに対抗させたいこんな盗賊】
ロマサガ1の盗賊キャラのジャミルに対抗させましょう。
────────
盗賊(夜明けの口笛吹き)。
ジャミル「醜い町に二人程出没するゴロツキだな。向こうから強制的に20または30貨をせびって来て、それを断ると強行手段に出て来るぞ」
グレイ「しかし、さほど強くない上に経験値が12と豊富だから序盤の稼ぎにうってつけな訳だ」
ホーク「これを不具合が割りとあるがすぐに起動出来るeasyRPGでやると効率がいいという訳だ」
ミリアム「そして、画面を切り替えるとすぐに復活するから、ロマサガ1のガラハドにこの辞典のフヒフマンの特性を合わせた感じだね」
ガラハド「ま まあ最初に殺してでもうばいとろうとするのはこいつらだから同情はしないぞ きさまらー!」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【Dr.クラインに対抗させたいこんな頭脳明晰キャラ】
サガフロ1の悪の組織に所属する天才科学者の彼に対抗させましょう。
────────
磯野カツオ。
シュウザー「お馴染みの国民的下町アニメの主役の一人だが…彼は成績は良くなかった筈だろ?」
ベルヴァ「いや、その分と言うべきか悪知恵は毎度の如く働くし、意外にも文才があるという描写が時折なされたりするぞ」
メタルブラック「って、Dr.クライン?」
Dr.クライン(私も本編で見せた活躍は悪知恵の類いが多いから何とも言えんぞ…ウェー)
◆◆◆◆◆◆◆◆
【サイゴ族に捧げたいこんな鈍器】
ロマサガ2棍棒を得意武器とするサイゴ族に鈍器を捧げていきましょう。
────────
シールドロッド。
ジェイムズ「復活した悪魔城の闘技場にあった杖だぞ。盾を片方の手に装備すると威力向上するのもポイントだが」
ハンニバル「この杖の真骨頂は何といっても□+○ボタンの同時押しで盾固有の効果を発揮出来る所にあるな。特にアイアンシールドのは強力だぞ」
エイリーク「しかし、馬鹿でかい剣で進行方向の敵を薙ぎ払うって、ものの見事に我々のイメージに合っていないぞ」
最終皇帝「むしろ、かわのたての牛召喚なんかはイメージ合っていそうだな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【ダンターグに対抗させたいこんな脳筋キャラ】
ロマサガ2の典型的なパワー型のダンターグに対抗させましょう。
────────
綿月依姫うどんげっしょー)。
スービエ「何でもジョギングで国際マラソンと同じ距離を走らせたり『押して駄目ならもっと押す』という理論等、本編とはまるっきり違う体育会系な人になっていたぞ」
ノエル「本編では厳しくも柔軟な太陽タイプの方なのにここではコテコテの北風ですね…ふー」
ダンターグ「まあ儚月抄うどんげっしょーは別物だからな」
ロックブーケ「でも、設定は同一次元だからややこしい、ややこしいわ!」
ボクオーン「別の次元にはイケメンの私がいるように、逆に頭脳派なダンターグがどこかにいてもおかしくはないな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【アイシャ、モニカ様に捧げたいこんな馬】
ロマサガ1のアイシャと、ロマサガ3のモニカですね。二人とも馬を使用して移動する機会があるので、この辞典では珍しく二人が対象です。
────────
シャル(DOG DAYS)。
トーマス「三期より登場した竜の巫女だぞ。恐らくユニコーンだろうからこの項目にも出せるだろう」
ナイトハルト「何といっても、清楚の象徴であるユニコーンでありながら、この際ど過ぎるコスチューム、いいものだー」
ユリアン「寧ろ俺が乗りたいな~」
モニカ「させませんわ、ファイナルレター!」
ユリアン「な 何故ですモニカ様…グヘッ」
ハリード「いや、彼女に対して『乗る』なんて使うと意味合いが歪になってくるし」
アイシャ「あの子の操る竜に乗せてもらうのも手だけど、それだと項目にそわないしね」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【あなたを見ていると、悲しい事を思い出すわ】
ミンサガシェリルの台詞です。悲しい話を挙げていきましょう。
────────
シェリル「ある『わしかわいい』コミカライズ版のこと。急ぎ足の理由が、元々連載が書籍版一巻分までというものだったの」
ホーク「いや、これは人気のお陰で無事続行になったんだから、寧ろ嬉しい話だろ?」
グレイ「それはそうだが、俺としては急ぎ足の理由をアニメ化だと思っていたからな。まあ、これで急ぎ足展開がなくなってじっくり描かれていけば万々歳だな」
────────
シェリル「ある『倒せない』で一世を風靡した人が作ったRPGのこと。本格的にレトロさを再現した完成度の高いグラフィックとサウンドの名作だったのに、ブログのバージョンアップにより消滅してしまったの」
グレイ「こういう名作ほど後世に残すべきなのにな。恐らく作者はアップデートに疲れてしまったのだろうな」
アルベルト「『倒せない』よりも労力を使ったのに、知名度が下回るのがモチベーションが下がった理由かも知れませんね」
────────
シェリル「ある火星が舞台のロボットアニメのこと。リアルロボットものでありながら爽快なストーリーだったのだけど、戦闘が水中専用だったの」
ホーク「それが高い完成度を誇りながらSRW参戦出来ない理由だよな。水中戦専用にして独特の作風を生む代わりに参戦権が無くなったのは皮肉だぜ」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【モニカに対抗させたいこんな姫、プリンセス】
ロマサガ3の姫キャラのモニカに対抗させる項目です。
────────
レオンミシェリガレット・デ・ロワ
トーマス「ガレットの君主だな。私情で戦を起こした事を恥じて君主の座から降りようとした潔さ、迷っていたエクレールを奮い立たせる為に宝具を使わずに挑んだ事、お見合いで無双をかましただけでは飽き足らず後夜祭と称してパーティーを開く行為…」
ユリアン「これらを踏まえると獅子だけに志々雄同様に自己愛性と武人性が融合した人物像に見えるな。だが悪人ではないからこの項目に…」
レオ「姫と呼ぶな!閣下と呼べ無礼者!獅子王炎陣大爆破!」
ユリアン「この項目もまずかったか…うぎゃいい」
◆◆◆◆◆◆◆◆
ガラハドに捧げたいこんな氷、アイス】
アイスソードをねんがんの目標として手に入れ(以下略)。
そんなガラハドに氷系の物を捧げましょう。
────────
氷魚。
ガラハド「どんな俺好みのアイス属性の魚かと思えば…び 琵琶湖産の鮎の稚魚じゃないか きさまらー!」
ミリアム「そんな事言わずに、絶品だから一度食べてみ?」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【ちちおやに対抗させたいこんな不死身キャラ】
サガ2の主人公の父親にですね。「わたしは ふじみだ」の台詞が発端となったのでしょう。
────────
無敵技使ったロックマン
にんげんおとこ「岩男3でハイジャンプ&無敵技を使ったロックマンだ…と言っても耐性は敵と穴だけで、トゲにはきっちり一撃でティウンさせられるぞ」
ちちおや「『ドクロボットステージではこの技使ってもトゲの配置がえげつなくて苦労する』&『今作ではワイリーステージには穴がない』等の理由から、意図的にこの裏技作っているように思えてならんな」
エスパーガール「ハードマンステージにも穴がないのは、スロー技の効力も味わって欲しかったからに思えるわね」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【マリーンに対抗させたいこんな腹黒いキャラ】
ミンサガのマリーンに対抗させるキャラを挙げましょう。
────────
ハリー・ポッター
グレイ「世界的に有名になった魔法使いだが、話が進むにつれて腹黒くなっていったのは否めないな」
ホーク「極め付きはスクリムジョールとの神経逆撫で合いにいつも勝利(?)していた所にあるだろうぜ」
マリーン「それはハリーがまっとうな主張を出来たからじゃありませんの?」
ミリアム「いや、スクリムジョールのような自己愛の強い人に勝つには健全な人間には出来ない芸当だよ」
────────
ラリー。
グレイ「ゴリラのジューマンだな。大和が力を受け渡す代償を知っていたなら確実に拒否しただろう所を、知らせずに彼が瀕死の所を狙って半ば強制的に力を押し付けた腹黒だ」
ミリアム「彼は『プレゼント交換』と主張していたけど、結局は彼の一人勝ちだと思うんだよね」
ホーク「人間に再び近づく事も出来たし、自分の力を存分に使ってもらえてと一石二鳥なんだろうな。どうも宗教家的な考え方があるよな」
マリーン「でも、彼が力を与えなければ大和さんはやられていましたわよね」
◆◆◆◆◆◆◆◆
ロックブーケに対抗させたいこんな萌えキャラ】
ロマサガ2ロックブーケと抗えるような萌えキャラを挙げましょう。
────────
広瀬康穂。
スービエ「ジョジョ八部、ジョジョリオンのヒロインにしてもう一人の主人公だな」
ダンターグ「ジョジョキャラ故にに当然タッチは濃いものの、その造型は文句なく萌えられるものだぜ」
ロックブーケ「私が荒木先生に描かれたらどうなるのでしょうね?」
ワグナス「まずスタンド名が『テンプテーションズ』になる事は避けられないだろうな」
────────
神代璃緒。
ワグナス「シャークの双子の妹だな。ビジュアル面はかなりイケてるぞ」
スービエ「小鳥より一つ上って事もあってスタイルが良くて、露出度の高い制服姿がより映えていたぞ」
クジンシー「バリアン形態もセクシーな怪人といった感じでこれまたいいものだ」
ダンターグ「人物描写も…彼女は安定していた部類に入るんじゃないのか?」
────────
蓬莱山輝夜
ワグナス「人物描写は各々の二次創作者に委ねられるが、ビジュアル面では東方キャラでも随一の萌えではなかろうか」
ノエル「黒髪ロングぱっつんの少しロリってのは、好き者には堪らないでしょうね」
ロックブーケ「彼女は昔、婚約志願者を難題でたぶらかしたましたから…案外テンプテーション使う私に通じるものがありますわね」
◆◆◆◆◆◆◆◆
【こんな冒険の目的、理由は嫌だ!】
嫌だシリーズです。サガとは余り接点がないですが、このコミュニティーの全身であるFF辞典からあったものが引き継がれた形です。
────────
『アッー』をどうやって発音するのか調べるため。
────────
『若い時の苦労は買ってでもしろ』は苦労を売る側が言った事、『一歩引く事が大事』は引かせる側が言った事だから。
アンジェリア・アヴァロンと戦慄のタツマキの関係を調べるため。
────────
ガトーショコラとチョコ味のスポンジケーキを混合させないため。
────────
ヒロイン+青+人外=メズールのオマージュ。が多いと思うから。
────────
漫画の宣伝は何故鬱、グロが多いのか調べるため。
────────
漫画版九十九遊馬ツワブキダイヤ、漫画版榊遊矢は怪盗ジョーカーのオマージュだと思うから。
◆◆◆◆◆◆◆◆
【あっても読みたくないサガキャラの本】
もしサガキャラがこのようなタイトルの本を出していても……という項目です。
────────
『魔界でカミを回転鋸しました』著:にんげんおんな(サガ1)。
◆◆◆◆◆◆◆◆