力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【雑記】イロモノピンボールゲー、ビハインド・ザ・マスク

 前にも言いましたがレトロフリーク、便利ですよね。
 ゲームソフトをmicroSDにインストールしておいて手軽に起動出来ますから、ソフト本体は後は法律上所持しておくだけで良くなります。

 故に実機ではやろうと思わなかっただろう『同ジャンルのゲームのコレクション』というのもやりたくなってくるのですよね。

 そこで私は『ピンボールゲーム』のコレクションがしたくなりました。

f:id:deusxmachina:20180703132441p:plain

 まず、原作を再現したキャラクターやギミックが楽しい『カービィのピンボール』。

f:id:deusxmachina:20180703132510p:plain

f:id:deusxmachina:20180703132526p:plain

 次にカービィと比べると大味ながら、原作同様にゲットして図鑑を完成させていくのが楽しい『ポケモンピンボール』。

 これらのゲームを私は手に入れてきました。

 そんな中で今回出会ったのが、『ビハインド・ザ・マスク』なるものでした。

f:id:deusxmachina:20180703132555j:plain


 カービィポケモンもGBの産物なので今までSFCピンボールゲームは持っていなく、値段も手頃な300円という事もあって興味本意で購入しました。
 そして無事にインストールされ、レトロフリークで不具合を起こすゲームでなかったようで起動しました。

f:id:deusxmachina:20180703132621p:plain

 ……社名ロゴの後に現れたのがこれです。
 怖いです。デスクリムゾンのエコールの社名画面並みに怖いです。

f:id:deusxmachina:20180703132639p:plain

 続いて項目選択画面。警告メッセージみたいで怖いです。

f:id:deusxmachina:20180703132657p:plain

 そして台選択画面。やっぱり不気味で怖いです。けど見ようによっては格好いいかも知れません。

f:id:deusxmachina:20180703132723p:plain

 そして台が選択されてゲーム開始です。その為にまずボールの出力調整になります。

f:id:deusxmachina:20180703132745p:plain

 ……やっぱり怖いです。ここまでくると寧ろ清々しい位ですね。セクシーコマンドー使いのように目がキュピーンってなっています。

 とまあ、突っ込み所満載ですが、SFC中期~後期の作品だけあって絵が綺麗です。当時は希少だったポリゴンによる書き込みでしょう。
 サウンドもイカします。ボールがぶつかってゴトンゴトンと鳴る様は妙な中毒性があります。

 ゲームとしては、台が斜めに置かれていて見づらい事や、ボールを落とした際の点数加算の為に『はっはっは』という気の抜けた笑い声と共に(しかも三つ全ての台で同じ声)いちいち画面が上部に移動してテンポが些か良くない所に目をつぶれば割りと遊べます。それもすぐに慣れますしね。
 しかし、台選択の直後の読み込みが遅いのはいただけないですね。

 総評として、デザインが日本人好みでない所に慣れれば、モノがピンボールというシンプルであるからゲーム性は高いです。特定の場所に入れる事で文字が書かれていくのは見どころですね。

 でも、過度な期待はしない方がいいです。名作は1000円台になるSFCのコーナーで300円で売られていた、それ位の作品と認識するのが良いでしょう。

【雑記】ランプの魔王が。

f:id:deusxmachina:20180703132305p:plain

 やっと仲間になりましたよ、ランプの魔王。はっきり言って茨の道でした。

 さすが隠しダンジョンのお楽しみ要素だけあって強いですが、倒すのに耐久力があって、かつ仲間になる確率がはぐれメタルと同じという難儀な条件から実用的ではありませんね。

 運にもよると思いますが、恐らく彼を仲間にする頃にはダークドレアムを倒せる実力は備わっているでしょうから、あくまでおまけ要素と考えた方が良いかも知れません。

 それにしても、彼のデフォルト名が二人目は『フタミン』で、三人目が『ダブリン』と(ちなみに同時に二人以上は仲間に出来ないので、確認するには一人目を別れさせて再度仲間にするという無意味な苦行が必要です)、

f:id:deusxmachina:20180703132331j:plain

 一時期流行った『フタエノキワミ、アッー!』を予言したのではないかと思ってしまうのですよね。

 関連性も気になります。
[ランプの魔王]
 AI行動に任せると、確実に二回行動してくれる。
[二重の極み]
 一回に同時に二度攻撃を送る事で威力を完全に通す破壊の極意。

 それはさておき、次は破壊の鉄球入手を狙っていますが……。
 これが辛いです。盗賊マスター四人入れてもエビルフランケンからは中々入手出来ませんし、あなほりで所持金の半分のゴールド入手狙いでも確率だから時間掛かりますし。ましてや正攻法のカジノのゲームは、ドラクエ6のそれは稼ぎ辛い事で有名ですし。

【官能小説 日本のあけぼの】三話+後書き

f:id:deusxmachina:20180703124811j:plain

 この小説は『日本の歴史』一巻の二次創作の官能小説となっています。
 歴史学習漫画を題材とした官能小説という背徳的な試みのため、そういったのを受け付けない人や18歳未満の方はご覧にならないようにして下さい。出版社等から差し止めの指示があればそれに従います。
 また、タグはノベライズ小説にしてありますが、原作を元に作った独自の展開なので厳密にはノベライズではありません。

 以上の事に承諾された方のみ先にお進み下さい。

※マヒトは原作と違って、所謂『男の娘』化されています。苦手な方はご注意下さい。

続きを読む

【官能小説 日本のあけぼの】二話

f:id:deusxmachina:20180703124720j:plain

 この小説は『日本の歴史』一巻の二次創作の官能小説となっています。
 歴史学習漫画を題材とした官能小説という背徳的な試みのため、そういったのを受け付けない人や18歳未満の方はご覧にならないようにして下さい。出版社等から差し止めの指示があればそれに従います。
 また、タグはノベライズ小説にしてありますが、原作を元に作った独自の展開なので厳密にはノベライズではありません。

 以上の事に承諾された方のみ先にお進み下さい。

※本誌が手元にないため、姉の名前は自分で付けました。

続きを読む

【官能小説 日本のあけぼの】一話

f:id:deusxmachina:20180703121953j:plain

 この小説は『日本の歴史』一巻の二次創作の官能小説となっています。
 歴史学習漫画を題材とした官能小説という背徳的な試みのため、そういったのを受け付けない人や18歳未満の方はご覧にならないようにして下さい。出版社等から差し止めの指示があればそれに従います。
 また、タグはノベライズ小説にしてありますが、原作を元に作った独自の展開なので厳密にはノベライズではありません。

 以上の事に承諾された方のみ先にお進み下さい。

続きを読む

【雑記】誰もが待ち望んだアイテム

f:id:deusxmachina:20180619121354j:plain

 歯磨き粉絞り器です。
 相葉マナブの発明品紹介コーナーで取り上げられているのを見て探していました。

 歯磨き粉を可能な限り極限まで使いたい。そんな誰もが抱く考えを叶えてくれる、有難いアイテムです。100円ショップを探せば見つかると思うのでチャレンジしてみるといいでしょう。

f:id:deusxmachina:20180619121436j:plain

(セット状態)

 使い方はややコツがありますね。
 それは、完全に自力で絞れなくなるより前がこのアイテムに掛けるタイミングである事です。完全に絞れなくなった頃には中身がカピカピに乾いて絞り器に掛けても手遅れになっています。

【雑記】電子ペーパーvsPSP

 私が今愛用している、電子文の読書に愛用しているツール達です。

 それでは、それぞれの特徴を上げていきましょう。

f:id:deusxmachina:20180619120524j:plain

電子ペーパー
[長所]
・目に優しい
 これが一番重要ですね。ブルーライトではなくeインクだから目への負担が少なく、長時間読めます。

・屋外で読める
 普通の電子機器にはない強みですね。これで天気の良くて過ごしやすい日には公園で読むと快適ですよ。
 ただし……(後述)。

・電池持ちが長い。
 一メモリ減るまで一ヶ月位は持ちます。ただし、昔のケータイのような仕様なのか、一メモリ減った時点で30%程になっていると思われます。
・大容量のテキストを読める
 3~4MB程あっても、最初の起動に時間が掛かる程度で、問題なく読めます。
[短所]
・ページ捲りが遅い
 eインクの処理上、ページ切り替えがスムーズではありません。

・温度変化に弱い
 特に暑さに弱いです。その状態で使うとページ捲りの際に画面がブレてテンポが悪くなり、電池も余計に食います。
 折角、屋外でも読める画面なのに、その旨味を活かせない仕様ですね。

・横向きのデータをルビ処理出来ない。
 つまり、.txtファイルだと青空文庫のルビ処理に対応しないんですよね。
 青空文庫の作品をEPUB化してダウンロード出来るサイトで手に入れればルビ付きのデータが使えますが、その場合縦書きになってしまいます。
 それが気にならない人なら問題ありませんが、それでもページ捲りが遅いこのツールで青空文庫作品を読むのは些か難儀でしょう。

f:id:deusxmachina:20180619120555j:plain

PSPの『青空文庫forPSP』】
[長所]
青空文庫の作品を横書き、ルビ処理状態で読める
 さすが、青空文庫作品を読む事に特化した作りであるのは伊達ではありませんね。

・ページ送りが優れている
 ボタンを押せばすぐに次のページになり、更にページ毎でも行毎でも進められます。

・電子機器なので、暗い所でも読める
 このお陰で、影になる所、例えば寝転がりながらでも読めるのは電子ペーパーには出来ません。
[短所]
・電池持ち
 ゲーム機なので仕方ない事です。一ヶ月も持つ電子ペーパーと比べるのは酷でしょう。

・.txtサイズに限界がある
 100000行か3、5MB以上かになると最後まで表示されなくなります。幸い青空文庫一つなら支障はきたしませんが、小説家になろうダウンローダハーメルンで手に入れた大作の場合は問題となって来ます。

・ゲーム機である事
 機能とは違う問題ですが、親御さんにはゲームしてるようにしか見られないケースが多いです。
 なので、読書しているのにゲームをやっているというレッテルを貼られるリスクが避け難いです(これはスマホにも言えた事ですが)。

 このように、電子ペーパーにもPSPにも一長一短がありますので、好みと用途に合わせて選ぶのが良いでしょう。

 ちなみに、両ツールともソニーさんの製品の画像を用いましたが……当のソニーさんはどちらもこの記事には乗り気ではないでしょう(泣)。
 まずソニーさんは電子ペーパー業界から脱退しています。なので、今からソニー製の電子ペーパーの入手は難しいと思われます(あったらラッキーでしょう)。
 ソニー製の電子ペーパーがアカウント作らず作れて一番扱いやすいのですけどね。
 PSPは言わずもがな、改造して使われる事を嫌っているのは有名でしょう。
 それなら元からの機能にテキストビューワを付けて欲しいのですが、あらゆるゲーム機にそれがないのはブランドが傷つくからなんでしょうね。

f:id:deusxmachina:20180619120638j:plain

 取り敢えず、青空文庫forPSPに対応した壁紙を載せておきます。文字の色を明るくして使って下さい。