力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER 幽々子 オブ イエスタデイ】第一話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第一話 月の守護者と兆候:前編】
『──月の都を侵略しようとしている輩がいるという噂を聞いた』
 これが八意から綿月姉妹へと渡された文書に記された記述であった。

◇ ◇ ◇

 空に遠く浮かぶ月、その裏側には私達の知らない『月の都』が存在するのである。今まで決して地上の人間に悟られる事がなかったのはそこに結界が張られているからなのだ。
 そんな月の都の道を息を上がらせながら掛ける存在があった。
 人……ではない、頭には長い耳が生え、臀部には真ん丸でふわふわした尻尾が生えているのだから。
 彼女は名も無き玉兎──月の兎である。最も、長い年月を過ごし妖怪化した存在であるから、二足歩行した人間とほとんど変わらぬ容姿をしている。前述の耳と尻尾の件を除けば。
 彼女の容姿は水色の髪をショートヘアにし、体には黒くかしこまったような上着に、桃色のプリーツスカートを履いていた──まるで私達に馴染みのあるブレザーのようである。
 辺りの風景はさながら中国の商店街のような様相である。そして、そこで談笑や店を営む者達は今駆けている者と同じく皆玉兎のようだ。
 そんな場所を駆け抜けて──彼女は一際大きい屋敷の門の前へと近付いていった。
 そして彼女は第一関門を抜けると、屋敷の敷地内部の第二の関門へとたどり着いていた。
「はっはっ……」
 彼女が呼吸を整えながら見据える視線の先には、今度は鎧を着込んだがっちりとした体躯の男性が二人立ちふさがっている。
 長い耳は存在しない。彼らは玉兎とは別の存在『月人』なのだ。
「……っ」
 彼女は思わず息を飲んでいた。

◇ ◇ ◇

 屋敷の中もやはりというべきか、中華風であった。そしてその様相はさながら中国の貴族が住むような立派なものである。
 そんな中で腰を下ろしながら肘掛けに両肘を添えてくつろぐ女性がいた。
 煌びやかな金髪の長髪を携え、目元はぱっちりとした可愛らしい垂れ目であり、大人びた体とのギャップが目を引く要素となっていた。
 服装は白のカッターシャツに、左肩部分のみ存在する紫色のワンショルダーのワンピースという現代の日本の文化では余り見ないような一風変わったものである。
 彼女にも長い耳はなく、月人である事を示していた。
「──桃李物言わざれども、下自らみちを成す」
 そう言いながらその女性は丸窓から外に見える桃に目を向けていた。
「桃や李(すもも)はおいしい実を付けるので、何を言わなくても人が集まってくる」
 そして女性は「ん」と力みながら丸窓から手を延ばして木に生る桃を掴もうとしていたが、やや届かない位置にあった。
 そこで彼女は閃いた。扇子を使えば距離を稼げるのではないかと。
 そしてそれを行動に移す──が残念、それでも届きはしなかった。
「あと少し……、あと少しでおいしい桃への道ができるわ」
 そう言う彼女の扇子は震え、おぼつかないながらも桃へと届くぐらいまで差し迫っていた……が、桃は枝から落ちてしまった。そして唖然とする女性。
「しょうがない、桃は私に運動をしろと言っているのね」
 そして、とうとう彼女は丸窓から外へと飛び出してしまったのだ。

◇ ◇ ◇

「だから、兎風情が綿月様になんの用事があるって言うんだ?」
 右側の黒髪の門番が言いながら、得物を玉兎へと突きつけていた。それは刀身がエネルギーで構成されているという、現代人の認識では映画やアニメでしかお目に掛かれないものである。
「緊急の用事なのです。あるお方からの命令で……」
「だったら、その証拠を見せればいいじゃないか」
「……それは……その」
「それに、お前は誰に仕えている兎なんだ?」
 そこに左側の茶髪の門番が聞いてきた。
(身元を明かすと、私が地上に逃げた事もばれてしまう。かといって八意様の封書は誰にも見せるなって言われているし……)
 そう、この兎は地上へと逃げたのである。とある月の罪人の罪を代わりに償うべく薬をつく役職を続ける事に嫌気がさしてである。
 そして逃げた先の地上の幻想郷と呼ばれる所に住む八意永琳という者に遭って言伝をもらい、封書を持って月へと戻ってきたのだ。
 その永琳──これは本名が地上人には発音出来ない為に地上で名乗っている偽名である──は元々月の民であり、月の頭脳と呼ばれた技術者なのであるが、その事については後に記述する事にする。
(どうすれば)
 行く道を閉ざされかけ、玉兎は路頭に迷っていた。
 べしゃっ。そんな彼女の足下に何か、水気の含む物体が音を立てて落ちた。それを見て何事かと彼女は顔を上へと向けた……その時門の上から誰かが飛び出してきたのだ!
 突然の事に度肝を抜かれる玉兎。だが時既に遅く──彼女はその者に踏みつけられてしまったのだった。
 見ればその者は先程桃を採るために丸窓から飛び出した人であった。見事に桃を採る事に成功したようだ。両手一杯に大量の桃が抱かれている。先程玉兎の足下に落ちたものはそこから漏れた桃の一つだったようだ。
「あ あれ?」
「豊姫様!?」
 それを見ていた門番が同時に口にした。
 そう、彼女は月の守護者『海と山を繋ぐ月の姫』綿月豊姫その人だったのである。
「桃を拾いながら運動をしていたら、何やら表門が騒がしかったので見に来たの。で、何を揉めていたのかしら」
「いや、その。豊姫様の足下で寝ている兎が、どうしても豊姫様と依姫様に会いたいと」
 豊姫の問いに、黒髪の門番は答える。そんな彼に豊姫は「はい、桃」と差し出していた。
「あや、そんなんで揉めてたの?」
 そして茶髪の門番にも桃を差し出す。
 今話に出てきた兎は……豊姫の下で声なくうずくまっていた。

◇ ◇ ◇

「お姉様?」
 呼びかけるのは『神霊の依り憑く月の姫』綿月依姫である。
 そう──冒頭で神霊を使役した修練を行っていたずばりその人である。
『お姉様』……。その言葉が示す通り、彼女は豊姫の妹なのである。神霊を用いて激しい修練をしていた者と先程無邪気に桃を追い回していた者と……信じられないかも知れないが二人は『姉妹』なのである。
「また新しいペットですか? もういい加減にして下さいよ」
「残念ながら、ペットじゃないわよ」
「ペットじゃありません」
 少し呆れたようにいう依姫に対して反論する豊姫と兎。
「それに、その桃だって庭に成っていた奴でしょ?」
 またも呆れたように依姫は言った。
「もうちょっと熟れたら、全部取って宴会を開こうと思ってましたのに」
「まあまあ、それよりこれを見てよ」
 そう言って豊姫は兎から手紙を取り上げた。
「手紙? ……!」

◇ ◇ ◇

 そして三人は屋敷の客室へと移動していた。
「なるほどね。八意様は地上で元気にしているようで何よりです」
 笑顔で豊姫は兎に言う。
「地上に逃亡した八意様を許されるのですか?」
「許すも何も、あのお方は私たちの恩師です」
 兎の問いに豊姫が答えた。
「──燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」
 そのやり取りに依姫が入り込む。
 その意味は小人物には大人物の心中をうかがい知ることができないということである。
 綿月姉妹は月を守護する役職にまで登り詰めたが、それでもまだ恩師には及ばないという気持ちから発せられた言葉だろう。
「私たちから見たら地上に追放された形になってるけど、間違ったことをする方じゃないからね」
「もちろん建前上は月の使者のリーダーである私たちが討伐しなければならない相手、ということになっていますが……きっとその日は永遠に来ないでしょう」
 そんな依姫と豊姫の意思を聞いて、兎はほっとしていた。だが。
「でも、貴方が地上に逃げた罰は与えなければいけません」
「え?」
 依姫のその言葉に驚く兎。
「あ なんで?」
「月の兎には課せられた仕事があるはずです。それが嫌だから逃げてしまえば、罰があるのは当然のこと。貴方の仕事は餅つきだったはず」
 きつめの口調でいう依姫。それは兎に言うと同時に自分にも言い聞かせているのだ。
 ──自分は自分のやるべき事を抜かりなくこなす。依姫がそれを身を持って知る事となるのはもうしばらく先の話である。
 そう冷徹な態度で諭していたのもつかの間であった。綿月姉妹は思わず口を手で覆いながら笑いをこぼし始めたのである。どうやら兎を本気で追いつめる気はなかったようだ。
「貴方への罰は、『この宮殿に住み私たちとともに月の都を守る事』。餅つきの現場に、もう戻れないでしょ?」
 そう依姫は兎に語りかけた。
「晴れて新しいペットになれたね。今日から貴方のことはレイセンと呼ぶわ。これは昔地上に逃げたペットの名前」
 兎──ただいまを以て『レイセン』という名前を与えられた──を撫でながら優しく語りかける豊姫。
「貴方にはちょうどいいわね」
「はい」
 豊姫に言われて、レイセンは笑顔で答えた。
 その、かつてレイセンと呼ばれていた兎は今地上で鈴仙・優曇華院・イナバと名乗っている玉兎である。
 彼女は依姫の元で訓練を受け、その中でも一際優秀な兵士だったのであるが、臆病な性格であった為に戦いが始まる前に地上へと逃げてしまったのだ。

◇ ◇ ◇

「あ~あ、私たちは甘いなぁ」
「あら、八意様が手紙を託すくらいなんだから、罰を与えないでやってくれって言ってる気がしたけど」
 お茶を飲みながらぼやく依姫に豊姫が答える。
「でもねぇ、これで玉兎を束ねるリーダーにまた目を付けられちゃうよ」
「何を今更。最近は月の都に不穏な空気が流れているからね、私たちの人手は多いに越した事はない」
 懸念を口にする依姫に、豊姫が返す……桃を手に持ちながら。
「お姉様、お言葉ですが……」
「何?」
「桃 食べすぎじゃないですか?」
 ──やはり問題はそれだったようである。
「八意様もいないんだし、糖分取りすぎに気をつけないと……」
「新しいペットと一緒に稽古するから平気よ」
「……」
 そんなやり取りを一通り行うと、二人は互いに微笑みあった。その事が示すように、この綿月姉妹の仲は非常に良好のようである。
 ──これが二人が普段通りのやり取りなのであった。

◇ ◇ ◇

 そんなやり取りをすると、豊姫は八意から送られた封書の封を剥がしたのだ。
 するとそこに閃光が走り、姉妹の頭上にエネルギー体が集まり渦を描いてかき消えた。
 そしてそこに数字の『1』のマークが浮かび上がったのである。続いてそのマークは封書の裏に地面に舞い降りた粉雪のようにピタリと張り付いた。
「まだ誰も読んでないわね」
 豊姫が言う。どうやらこれは封書が開けられた回数を計る、月独自の技術のようだ。
「それにしても八意様からの手紙なんて、もう千年以上見ていないわ」
 そう、千年以上。その言葉は決して言い間違いではなく事実なのだ。
 それが寿命から逃れて永遠の時を手にした月の民なのであった。
「いったいなんの用件なのかしら」
 豊姫は畳まれていた手紙を広げ、依姫と共に読み始めようとする。
「月に戻ってくるって言うのなら、私は大歓迎ですけど……」
「私もよ」
 心踊らせながら手紙を読み始める姉妹。
 二人は今では八意抜きで立派に月の守護者を務めているのだが、やはり恩師と再び一緒に過ごしたいという気持ちは否定出来ないのだ。
 しかし、手紙の内容はそんな二人の淡い望みを叶えるのとはかけ離れたものとなっていたのである。
『今はそんな感傷に浸っている場合ではないのです』