力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER】第47話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第四十七話 新たなる兆候】
 今、紅魔館の知識、パチュリー・ノーレッジは──未だかつてない驚異に晒されていた。
 彼女の目の前には咲夜が倒れている。
 そして彼女の友人であるレミリアは、奮闘はしているものの、『相手が相手』では分が悪い。
 そして自分もやれるだけの事はやった。しかし……。
「げほっ、げほっ」
 やはり持病の喘息が足を引っ張ってくれる。パチュリーはこの時程自分の体を呪った事はなかった。
「こうなったら……『奥の手』を使うしかないわね」
 そう言ってパチュリーは念を送る。──最近生まれた、新しい絆へと。

◇ ◇ ◇

 今は夕食時である。そして、永遠亭でも滞りなく夕食が行われていたのだった。
 永遠亭の面子は皆団らんとして楽しく食事をしていた。
 そして、勇美と依姫も例外なく食事を堪能していたのだった。
 依姫は先日の件で豊姫との関係が物凄く微妙なものとなっていたが、それも今では問題ない関係にあった。
 そして、勇美もあの時の事は過去の事と腹を括り、今を楽しんでいたのだった。
 彼女が今、舌鼓を打つのは、立派な太さを携えた海老フライであった。
 勇美は再度その太い塊を歯で噛みちぎったのだ。
「う~ん、太くて美味しい~♪」
 そのプリプリした食感を味わいながら、勇美はやや卑猥な表現でそれを称賛した。
 彼女は文字通り、正に幸せを『噛み締め』ていたのだった。
 そして勇美はご飯やキャベツをつまみつつ、二本目の海老フライへと箸をやりながら呟いた。
「う~ん、それにしても。海老フライを見てると、依姫さんを思い浮かべてしまいますね♪」
「げふんげふん……」
 脈絡もなく話題を振られて、依姫は盛大にむせてしまった。
 余りにも接点が無かったからだ。自分の存在を弄ばれたような気がして正気を保つのが辛かった。
「勇美……、余り変な事言うのはやめなさい」
「いえ、変な事ではありませんよ。私には見えるんです」
「何が……」
 そう言って依姫は──考えるのをやめた。

◇ ◇ ◇

 多少混沌とした空気になったものの、憩いの時間である団らんとした食事は無事に終わったのだった。
 後は暫し食後の時間をそれぞれ有意義に過ごし、後は歯磨きや入浴をして床に着くだけである。
 今日も一日無事に終わりそうだ。その事に勇美は感謝しながら自分の部屋に行く所であった。
「依姫さん……?」
 そこで勇美は、依姫の様子が少しおかしい事に気付いたのだった。
 彼女は無言で遠くを見ながら佇んでいたのだった。──まるで何か見えないものを見据えるかのように。
 それを見て、勇美は今までにない『何か』を感じたのだ。
「勇美、少し出掛けてくるわ」
 だがら、そう言う依姫を放ってはおけなかったのだ。
「依姫さん」
 気が付けば勇美は彼女に呼び掛けていた。
「何かしら、勇美?」
「一体こんな時間に何処へ出掛けるのですか?」
 そんな勇美を見て、依姫は分かった。彼女は自分を気に掛けてくれているのだと。
 だからこそ、依姫は思った。──この事に勇美を関わらせてはいけないと。
「これはね、貴方は関わらなくていい事よ」
 その言葉は依姫なりに勇美を気遣っての事であった。これで勇美が分かってくれれば問題ない。
 だが、勇美は依姫の予想のしない答えを言ったのだった。
「依姫さんに重要な事なら、私に関係ないって事はないと思います!」
 そう言って勇美の視線は揺るぎなく依姫を捉えた。その瞳には意志の強さを物語る火が灯っていたのだ。
「勇美……」
「私と依姫さんが出会ってから、結構時間が立ちます……と言っても依姫さんにとってはほんの僅かの時間だと思いますけど」
「……」
 そう言う勇美を依姫は感心しながら見ていた。
 そんな立派な事を言えるようになるなんて。ますますこの子は成長しているなと依姫は思った。
 だからこそ、勇美のその気持ちを無駄にしてはいけないだろう。
「分かったわ、私に着いて来なさい」
 でも、危なくなったらすぐに逃げるのよ、そう依姫は付け加えた。
「はい、分かりました」
 それに勇美は素直に答えた。
 逃げる事を引き合いにして相手を責めるという、それこそ卑怯な傲慢な人は多い。
 勇美の母親もそうである。故に勇美は今まで相手にいつ『逃げ』だと言われるのか心の中で怯えながら生きてきたのだ。
 だが、もうそれは過去の事である。依姫の元で成長し自分なりの信念を身に付けた勇美は、いつ相手に逃げだと責められても動じない精神を身に付けたのだった。
 それは、依姫の方針が魔理沙に月で見せたように『相手に自発的に逃げ道を作らせない事』であり『逃げだと相手を責める事』ではなかったが故なのだ。
 だが、勇美が順守すると心に決めた『逃げ』とはあくまで『自分を大切にする』という事であり、単に自分勝手な事をするという事ではない。
 その事を勇美は付け加える。
「私は自分を危ない目には会わせません。ですが、依姫さんや『他の人達』を見捨てるなんて事もしませんよ」
 そう言って勇美はニッと笑って見せた。
 その瞬間依姫はハッとなった。
「……勘がいいわね」
「ええ、依姫さんが出掛けようとしたのは『誰かに』呼ばれたからなんですよね」
「全くを持ってその通りよ。貴方には驚かされるわ」
「それで、誰なんですか?」
「そうね……」
 勇美に言われて依姫は意を決して説明を始めた。
 その人物は紅魔館の知識、パチュリー・ノーレッジである事。
 そして、依姫を呼び出すに至ったのは、彼女の精霊を操る能力によるものだとも。
 精霊と神霊は性質が似通う所も多いのだ。故に神霊の依代となれる依姫に、パチュリーはコンタクトを取る事が出来たという事なのであった。
パチュリーさんが? と言う事は紅魔館で何かがあったんですね?」
「ええ、詳細はまだ私も分からないけどね」
 依姫は首を横に振った。行ってからでないと何事か把握出来ないだろうと。
 だが、二人には嫌な予感がしていたのだ。
 紅魔館で問題が起こるとすれば、その原因は絞られて来るのだから。
「それでは早く紅魔館に行かないと行けませんね」
「ええ、ここから遠いけど、私がいるから大丈夫よ」
「ちょっと億劫ですけど、頑張ります」
 そう言って勇美は苦笑いをした。
 その理由は他でもない、永遠亭から紅魔館までの道程だ。
 決して近くない上に、永遠亭周辺の竹林を抜け、更に紅魔館周辺の森を抜けなくてはいけないのだ。
 しかも今は夜中。妖怪達の時間である。今出歩くのは、彼等の領域に土足で踏み込むのと同義である。
 しかし、世の中とは時にツキというものがまるで狙い定めたかのように舞い降りてくる事があるのだ。今が正にその時であった。
「お困りのようね」
「ナイスタイミングです、豊えも~ん♪」
「私は青ダヌキかっての」
 そうその場に現れていたのは、我らが救いの手、はたまたご都合主義の集大成、綿月豊姫その人であったのだ。
「そうですよね、豊姫さんは今青い服着てませんもんね」
 豊姫は今も白のノースリーブワンピースにケープの姿だ。
「そういう問題じゃないでしょ。と言うかそもそもこの服、あなたのリクエストでしょ」
「そうでした~」
 テヘッと舌を出して勇美は茶目っ毛を出して見せる。
「って、今はそんな事言ってる場合じゃないんじゃないの?」
「はい、そうでした」
 豊姫に言われて今までおちゃらけていた勇美は、うって変わって真剣な表情を見せた。
「紅魔館で何かが起こっているみたいなんです。恐らく……」
「多分勇美ちゃんが読んでいる通りね。だから急ぎましょう」
 今は言葉多くしている場合ではない。豊姫は前置きは無しで二人を自身の能力で紅魔館へと送り届けるべく精神を集中し始めた。
「豊姫さん、『気』は感じますか?」
「私の能力はそれとは少し違うから」
 だが、まだ勇美のおふざけは終わっていなかったようだった。
 豊姫は思う。それじゃあ私は大食いの戦闘民族かと。私は桃を食べ過ぎる傾向にあるけど大食いではない。
 挙げ句の果てにスケベな勇美の事だから、その内上半身裸で戦えとか言い出すに違いない。女性としてそれだけは絶対に避けたい。
「勇美ちゃん、真面目に行こうね」
「はい……」
 いつになく冷徹な雰囲気を醸し出す豊姫に、勇美は素直に従った。

◇ ◇ ◇

 そして一行がたどり着いた先は……。
 蝋燭の灯りが頼りなく辺りを照らし、それに石造りの陰気臭い壁当てられて不気味さを引き立てられている。
 詰まる所、それは。
「地下牢ですね」
 勇美の指摘するそれが答えであった。
 そうなって来ると、やはり答えは決まってくるだろう。
「……これで確定のようね」
「ええ、フランちゃんが原因と見て間違いないですね」
 そう勇美は結論付けた。
 ──フランドール・スカーレット。悪魔の妹と周りから呼ばれる、レミリア・スカーレットの妹である。
 彼女は強大な自分の力を制御出来ない上に気が触れているので、普段は地下牢に閉じ込められているのだ。
 紅い霧の一件の後は彼女は地下から出てきて顔を出す事も多くなり、紅魔館の住人とも接する機会も増えたが、彼女が危険な存在に変わりはなかったのだ。
 だが、普段は彼女は大人しくしており、たまに問題を起こしても紅魔館の住人の力で対処出来た筈である。
 だから、今回パチュリーが外部の者、それも依姫という月から来た余所者に頼るというのは異常事態なのである。
「取り敢えず、行くしかないわね」
 依姫はそう言い切った。百聞は一見にしかず。今がどのような状態なのかまずは確かめに行かなくては話にならないだろう。
 そして一行は地下牢を進み、フランドールがいる部屋まで進んだのだ。
「!!」
 そこで目に入って来た光景を目にして、依姫は息を飲んだ。
 そこには傷を負い、床につっ伏しているメイド長十六夜咲夜の姿があったからだ。
「咲夜!」
 依姫は彼女の名前を呼び、側に駆け寄った。
 幸い、傷を負っているものの、大事には至っていないようだ。
「依姫さんですか、どうかお気をつけ下さい。今の妹様の様子は尋常ではありませんから」
「ええ、分かっているわ。貴方程の者がここまでされる何て異常極まりありませんから」
 依姫は咲夜の実力を良く分かっているからそう答えた。念願の最戦を経て彼女の強さを再確認したからだ。
「ところで依姫さん。ここで気を失っていいですか?」
「そういう軽口を叩く余裕があるなら駄目です」
「はい、分かりました」
 こういう場面でのお約束を果たす機会を依姫に断絶され、咲夜は素直に従うしかなかったのだった。
 勇美や主のレミリアに毒されているなと依姫は思った。咲夜は完璧に見えるが、どこか抜けている所があるからだ。
「動けるなら、巻き込まれない所にいなさい」
「はい、そうさせてもらいますわ。今の私では戦えませんが、いざとなったら手助け位は出来ると思いますから」
 言って咲夜は依姫達の後方に回って待機する事にしたのだ。
 そして、依姫はもう一人この場にいる者に声を掛ける。
 その者こそ先程依姫に念による救難信号を送った、パチュリーであった。
パチュリー、貴方も無事だったようね」
「げほっ、げほっ。無事って言うにはしんどい所だけどね」
「それだけ悪態をつけるなら大丈夫なようね」
「……病人にそれは酷なんじゃないかしら?」
 何だかんだでパチュリーの方も大事には至っていないようだ。
 そして、このやり取りは依姫なりのパチュリーへの気遣いなのであった。
 彼女が持病の喘息が一因で、部外者である依姫に強力を要請しなければいけなかった事は、少なからず彼女の自尊心に刺激を与えているだろう。
「……ありがとう」
 パチュリーはお礼を言った。自分の助けを呼ぶ声に応えてくれた事と、自分のなけなしのプライドを然り気無く気遣ってくれた事に。
「ええ、貴方は無理をしないで休んでいて下さい」
 そう言って依姫はパチュリーを制した。
 取り敢えず咲夜とパチュリーは無事であった。
 その事を確認出来て一先ず安堵した依姫は、当面の問題に意識を向けるのだった。