力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【MOONDREAMER】第14話

【はじめに】の内容を承諾して頂けた方のみお進み下さい。

 【第十四話 ちょっと変わった弾幕ごっこ:前編】
 慧音の屋敷を訪問した勇美と依姫。
 そこで慧音に会う事に成功するが、彼女には今客人が来ているとの事であった。
 邪魔をしては悪いと二人は思い、時を改めようかと言ったが、慧音は寧ろその客人に二人を会わせたいのだと言ってきたのだった。
 そして今、二人は慧音に連れられて屋敷の廊下を歩いている所であった。
(やはり中も立派な屋敷のようだったみたいね)
 案内され歩を進めながら、依姫はそう思っていた。そして、このような立派な居を構える者と親しい仲となっている勇美にも改めて感心するのであった。
「慧音さ~ん、そのお客さんってどんな人ですか~」
 歩きながらその詳細を待ちきれないといった様子で、勇美は慧音をせかすような形となっていた。
「まあ、そう慌てるな」
 さすがは最初に幻想郷で勇美の世話をしていた者らしく、慧音は慣れた様子で勇美をたしなめる。
「さあ、この部屋に客人はいるぞ。失礼のないようにな」
 そして目的の部屋の前に来て慧音は二人に促したのであった。

◇ ◇ ◇

「あなたは確か……」
 そしてお目当ての客人とご対面した勇美はそう呟いた。
 その人物は艶やかな着物と袴を身に着け、髪は赤く花飾りをあしらい、見た目は可愛らしい少女という様相の者……。
「あなたは阿求さんですね」
 そう勇美はその少女の名前を呼んだのであった。
「あら、勇美さん。お久し振りですね」
 そう言って、勇美に阿求と呼ばれた少女はニコリとこれまた可憐な微笑みをもって返したのだった。
「勇美、この者は?」
 依姫はそう何者かと勇美に問うた。
「あ、依姫さん。この人は稗田阿求さんと言って、幻想郷縁起という書物の執筆をしている人ですよ」
「幻想郷縁起ですか?」
 初めて聞く単語に、依姫は疑問符を浮かべながら聞いた。
「それについては私から説明させてもらおう」
「そうしてもらうと助かります」
 勇美は慧音の提案を素直に受け入れた。正直言うと自分だけで幻想郷縁起の説明をするのは、やや骨が折れると思っていた所であった。
 そして慧音は説明をしていった。幻想郷縁起とは幻想郷に住む人間の為に作られた書物で、様々な妖怪の紹介やその対処法を記したものである事。
 更にその人外の者達の人間に対する友好度も記してある事も。
「それは有益な試みですね」
 そこまでの話を聞いて、依姫は感心したように言った。
 それは彼女が月を守護する立場にある事も影響しているのだろう。──驚異に対する対処は常に行うべきだという考えからである。実際に侵略という行為を受けた身であるから尚実感出来るのであった。
「お褒めにあずかり光栄です」
 阿求はそう返した。
「ところで、あなたは月の守護者の綿月依姫さんですよね? 噂に聞いていますよ」
「はい、そうですが……」
 そう阿求に言われて、依姫は一体何事かと首を傾げた。
「大した事じゃありませんよ。幻想郷縁起にあなたの事も記したいから、話を伺ってもよろしいかという事なのですが」
「ええ、構いませんよ」
「恩にきります」
 二人はそう言葉を交わし合うと、依姫は阿求に自分の事をあらかた話していったのだった。

◇ ◇ ◇

「う~ん……」
 一頻り依姫から話を聞いた阿求は何かを思うように唸っていた。
「いかがなさいましたか?」
 一通り話が終わった依姫は、その阿求の様子に一体どうしたのかと思って聞いた。
「依姫さん……あなたって」
「はい」
 阿求に言われて、依姫は次の彼女の言葉を待った。
「あなたって、やはり『チート』ですね」
「そういう事言いますか、しかも何ですかそういう言葉は?」
 身も蓋もない阿求の発言に、依姫は頭を抱えてしまった。
「まさか、幻想郷縁起にそのような記載をしはしませんよね?」
 依姫は念を押す形でそう言った。自分の身の安泰を気にしつつ。
 だが、そこで勇美から無慈悲な言葉を掛けられる事になる。
「依姫さん、もう手遅れかも知れませんよ」
「何ですって?」
 思わず上擦った声を出してしまう依姫。
「この幻想郷縁起って、完全に客観的ではなくて、阿求さんの主観が割りと入ってるんですよね~、だから今回も……」
「……」
 依姫は言葉を失ってしまう。──客観的な情報が必要な媒体に対して、そのような心構えでいいのかと。
「まあ、全くのでたらめが書かれたりはしませんけど」
「それでも問題よ」
 依姫は尚も頭を抱えながら呻いた。
 そして、そういう事例を含めたり、幻想郷の妖怪の驚異は今ではかなり少なくなり妖怪退治の知識はそこまで日常生活で要さなくなっている事から、幻想郷縁起は今では面白おかしい読み物になっている事も勇美は依姫に説明した。
「……」
 そこまで勇美に説明されて、依姫は暫し思い耽っていたが、ここで口を開いた。
「まあ、今の幻想郷が平和である事は何よりね」
 それが、依姫が紡ぎ出した答えであった。
「ですよね、私もそう思います」
 勇美もそれに同意した。
 彼女もまた、それを確信していたのだ。気を付けないとたまに妖怪に襲われる事はあれど、外の世界の人間達のようにいがみ合ったり戦争したり等という事はしていないからだ。
「それに、そんな若い身でありながらよく精進していますね」
 その依姫の指摘を受けて、阿求は「それはちょっと違うんですよね~」とのたまったのだ。
「どういう事ですか?」
 依姫は疑問を口にする。
「『若い』って表現は少し違うって事ですよ」
 そう言ってから阿求は自分の生い立ちを説明した。
 自分達稗田家は短命の代わりに初代の阿礼から幻想郷縁起を書き続ける為に、転生を繰り返していて、自分はその十代目だと。
「成る程、転生ですか……」
 その概念を聞いて、依姫はさぞかし関心を寄せていた。それは自分が月人故に寿命から逃れ永遠の時を生きる存在故に自らとはかけ離れた人生を送っている事が関係しているのだろう。
「つまり、阿求さんは『俺の屍を越えていけ』とか『伝承法』のようなものって事ですよ」
「いや、その例えは却って分かりづらくしているわよ」
 勇美の例えに辛口な評価を下す依姫。しかも何で二つともゲームの産物なのかとも思っていた。
「まあいいわ」
 その話題は置いておこうと依姫は思った。
「阿求さん、貴方からは色々参考になる事が多かったですよ」
 そう依姫は言った。そして知らず知らずの内に阿求を『さん』付けで呼んでいたのだ。呼び捨てでは気持ちが憚られると思わせるものを何か彼女から感じ取ったのだろう。
「そうですか」
 阿求は満更でもない様子で依姫に言った。彼女とて、自分が規格外の実力を持つと判断する者から高い評価を得られたのは喜ばしい事なのだ。
「では、参考ついでに少し私に付き合ってくれないでしょうか? もっとあなたの事が知りたいので」
「と、言いますと?」
 阿求の提案に、依姫は聞き返した。
「何、簡単な事ですよ。私と弾幕ごっこをして頂ければいいんですよ」
弾幕ごっこですか……」
 阿求からの意外な提案に、依姫はやや狐につままれたようになってしまうが。
「よろしいですよ」
 二つ返事で了承するのだった。
「ですが私に弾幕ごっこを挑んだからには気を引き締めて下さいね、私の神降ろしは一筋縄ではいきませんからね」
 依姫はふてぶてしくのたまった。
「それはご忠告ありがとうございます。ですがあなたも足元をすくわれないように気を付けて下さいね。私の弾幕ごっこは『少し特殊』ですから」
 負けじと阿求も悪戯っ子のような振る舞いで返した。
 そんな二人のやり取りを拝見しながら、勇美は暫し呆然としていた。
 しかし、気を持ち直し今自分が思った事を言葉にする。
「阿求さんって、『弾幕ごっこ出来た』のですか?」
 それが勇美が抱いた疑問の答えであった。確か自分の思う所では阿求は幻想郷縁起の執筆に専念し、弾幕ごっこは得意とはしていなかった筈であるのだ。
 そんな勇美が懸念を抱く中、阿求は口を開いた。
「確かに普段私は弾幕ごっこをしていませんから、勇美が知らないのは無理がありませんね」
 そこまで言って阿求は勇美に向き直り、微笑みながら続けた。
「ですが大丈夫ですよ。その事も含めて私の弾幕ごっこは特殊だと言ったのですから」
 それを聞いて勇美は心踊るような心持ちとなった。──自分が敬愛する依姫と、未だ未知数の阿求の弾幕ごっこが見られる事となったからだ。
「うわあ、楽しみです。依姫さんと阿求さんの弾幕ごっこ……」
 勇美はワクワクを抑えられないといった様子となっていた。だが。
「何勘違いしているんですか勇美さん? あなたも参加するのですよ」
「ええっ!?」
 勇美はそれを聞いて、盛大に驚いてしまった。まさか自分も勧誘されるとは思ってもみなかったからである。
「でも、阿求さん。2対1って無茶じゃないですか?」
弾幕ごっこで一人に対して複数で戦うって事は珍しくないじゃないですか?」
「あっ……」
 そう言われて、勇美は合点がいくしかなかったのである。確かに、騒霊の姉妹であるプリズムリバー三姉妹霊夢達は一人で三人を相手にするといったケースもあったのだから。
「それに、私の弾幕ごっこは特殊なんだから人数は関係ありませんよ」
 またしても『特殊』という言葉を使う阿求。それだけ念を押すのだから、相当変わった弾幕ごっこを展開するのだろう。
「と、いう訳でよろしいですね、勇美さん」
「はい、阿求さんには負けますよ」
 見事に言いくるめられて、勇美は観念したように彼女に従うのだった。
「そういう事ですので、慧音さん。お二人をちょっと借りて行きますね」
「ああ、構わないぞ」
 慧音にも承諾を得る阿求。そして勇美と依姫の二人は彼女に連れられて上白沢邸を後にするのであった。

◇ ◇ ◇

 そして三人は人里の近くにある、開けた場所へとやって来たのだった。
「ここで弾幕ごっこをやるんですか」
 勇美は辺りを見回しながら阿求に尋ねた。
「はい、ここなら存分に弾幕を展開出来るでしょうから」
「良い選択だと思うわ」
 阿求の判断基準に対して、依姫も賛同する。
「それでは始めましょうか……」
 そう言って阿求は両手を広げて霊気を放ち、臨戦態勢となった。それにより彼女の袴が艶やかにはためいていた。
「来るわね、勇美、準備は出来ているかしら?」
「ええ、バッチリです」
 対する二人も万全の状態であった。
愛宕様の火!」
「プレアデスガン!」
 そして二人はそれぞれ扱いやすい攻撃手段を準備する。
「それがあなた達の弾幕用の武器ですか」
 阿求は尚も霊気を放ちながら二人に尋ねた。
「ええ」
「はい」
 それに対して二人は答える。
「手際が良くて素晴らしいですよ。でも、準備はそれだけでよろしいでしょう」
 阿求が何やら意味ありげな発言をし始めた。
「どういう事ですか?」
 当然疑問に思った勇美は、阿求に聞いた。
「言葉通りですよ。あなた達はそれ以上の攻撃手段を用意しなくていいという事です」
「どういう事ですか? まさか私達が本格的な攻撃をする前に倒してしまうとでも?」
 さすがの依姫も阿求の真意が読めなくて疑念をぶつける。
「まさか? そんな大それた事は言いませんよ、そもそも私は弾幕ごっこは苦手な位ですから」
 阿求はそう言うが、後に続けてこう言った。
「普通の弾幕ごっこはね……」
 そして、阿求が放つ霊気に変化が起こる。
「何が始まるんですか?」
 思わず勇美は聞く。
「まあ、見ていなさいって」
 阿求は得体の知れない雰囲気を醸し出しつつも、やんわりと勇美に言った。
 そして、とうとう阿求の弾幕の正体が解る事となる。
「行きますよ。【題符「稗田阿求弾幕クイズ」】!」
 遂に発動された阿求のスペルカード。それを聞いて対する二人は首を傾げた。
弾幕……」
「クイズ……?」
 要領を得る事が出来ない勇美と依姫。
「それって、どういう事ですか?」
 堪らずに勇美が阿求に聞いた。
「そうですね、これは幻想郷では他には例がないから説明しないといけませんね」
 そう言って阿求はコホンと咳払いをした。
「あなた達には、これから弾幕ごっこをしながらクイズに答えてもらうのですよ」
「えっ? そんな器用な事をするんですか?」
 当然勇美は、その突拍子もないような提案に疑問符を浮かべてしまう。
「まあ、そう力まないで下さい。私が張る弾幕自体はとてもシンプルなものですから、回避は容易でしょう」
 それを聞いて、勇美は幾分ほっとしたような表情となった。
「ですが、弾幕の回避をクイズに答えながらやってもらう訳ですから、一筋縄ではいきませんよ」
 更に説明を続ける阿求に、依姫はまだ腑に落ちない様子だ。
「一体どういう事になるのか、いまいち想像がつきませんね」
「そうですね、『百聞は一見にしかず』ですから、一度ご覧にいれましょう」
 阿求はそう言うと目を閉じて念じると、彼女の体が目映い青色のオーラのようなものに覆われ、そしてそれは彼女から離れて形を成したのであった。
 すると、その光は記号の『○』と『×』のような形態となったのだ。
「○と×ですか……? もしかして」
 勇美は首を傾げた状態であったが、段々理解していった。
「つまり、○か×、クイズの正解の方を弾幕で居抜けばいいんですね?」
「その通りですよ」
 ようやく理解を示した勇美に、阿求は微笑んでいった。
「驚きました、そのような弾幕ごっこの形式もあるのですね」
 依姫は素直に感心した様子を見せた。
「だから、やっぱり私の弾幕は特殊なんですよ。それでは行きます、第一問!」
 自分の土俵での戦いを始めるに際して、阿求は意気揚々と開始を宣言した。
「幻想郷が外界から隔離されたのは江戸時代である、○か×か?」
「成る程、この問いに答える形で攻撃すればいいんですね」
 合点がいった勇美は颯爽と○と×に視線を送り狙いを定める。
「でも、それだけじゃ駄目なんですよね」
 阿求はそう言うと、両手を横に広げた。
 すると彼女の体から青や赤のエネルギー状の玉がばら蒔かれたのだ。
「成る程、これが『弾幕クイズ』ですか」
 依姫が笑みを見せながら言った。
「はい、私は幻想郷の上位の者のような攻撃は出来ませんが」
 だが、弾幕をかわしながらクイズに答える事を求める、他にはない粋な計らいと言えよう。
「依姫さん、この問題は私に任せて下さい」
「そう、分かったわ」
 迫ってきた弾幕を避けながら、二人は声を掛け合った。
 そして、勇美は弾幕を掻い潜りながら○と×のエネルギー体へと視線を送っていた。
「これは慧音さんから聞きましたよ」
 そう言って勇美は星の力の銃を構えて続けた。
「幻想郷が外界から隔離されたのは、『明治時代』だって」
 そして彼女が狙いを定めたのは、当然×の字であった。続いて銃の引き金が引かれる。
 シャリシャリと耳に残る音を出しながら、星の弾は×の字を次々に居抜いていった。それにより字は形を乱され徐々にボロボロになっていき、遂に跡形もなく消滅したのだ。
「……」
 ×の字を居抜く行為をした勇美は無言で立ち尽くしていた。気付けば阿求から放たれていた弾幕はピタリと止んでいる。
 ──これで良かったのだろうか? 勇美は今になって不安になってきたのだ。
 そして、暫くすると……。
『ピンポーン!』
 玄関のチャイムを鳴らすような音が辺りに響いたのであった。いや、この局面でのこの音は。
「おめでとう~、正解ですよ~」
 そう言いながら拍手をする阿求の姿があった。
「勇美さんの言う通り、幻想郷が外界から隔離されたのは明治時代なのですよ」
 その言葉を聞いて、勇美はほっと胸を撫で下ろした。自分が慧音から聞いた話は間違っていなかったのだったと。慧音が嘘を言ったり、博識の彼女が滅多な事では間違いは言う筈はないと分かっていても完璧な者などいないから一抹の不安は拭えなかったのだ。
「こういう風に弾幕を避けながら、正解を攻撃していって下さいね。
 ちなみに今の問題を入れて全9問ですよ、私が阿求なだけに」
「いや、それはどうでもいいですよ」
 茶目っ気を出してボケる阿求に対して、依姫は突っ込みをいれた。
 そして思った。全9問は数が中途半端なのではないかと。何かすっきりしない。自分も月で侵入者相手に降ろした神も9柱であるが、それとは何かが違うと。
 だが依姫は一先ずその話題を保留にする事にした。
 そこへ阿求が続ける。
「ちなみにあなた方二人は、9問中6問正解すれば勝ちですよ。後5問で勝ちですね、頑張って下さい」
 ここで依姫は納得した。こういう形式なら幾ら攻撃手が居ても的は一つかつ、的に耐久力はないから一人でも二人でもそう変わらないのだと。
 だが、新たな疑問が今生まれたのだ。それを依姫は阿求に尋ねる
「……必要正解数は何を基準に決めました?」
「私の気まぐれです」
「……」
 依姫は最早無言になるしかなかったのだった。
「依姫さん、細かい事は気にしないで続きをやりましょうよ」
 そこへ勇美が入り、あっけらかんと言ってのけた。
「いえ、貴方はもう少し物事を気にするべきですよ」
 そう指摘する依姫であったが、「それが貴方のいい所でもあるのだけれどね」と締め括ったのだった。
「お話は済みましたか?」
 そこへ業を煮やした阿求が入った。話の原因を作ったのは他でもない、彼女自身なのであるが。
「はい、構いませんよ、ジャンジャン来て下さいね」
 それに対して、勇美は意気揚々と答えた。