力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【雑記】京騒戯画に似てるもの

 今度はギガちゃんじゃありません(笑)。

 この作品、物議を醸した問題作である『東方儚月抄』に似ているのですよね。

 と言っても全てではなく、構成が『儚月抄から敵味方の概念と依姫のような存在を抜いた』作品と言えます。
 つまり、儚月抄上巻までのような構成と作風で全10話が進められた訳です。

 大半の人は、(京騒戯画が本当に儚月抄をベースにオマージュしたなら)妥当な判断だと思うでしょう。

 しかし、私は依姫というヒーローが敵側にいたからこそ考えさせられるものがあって、当ブログに掲載している『MOONDREAMER』製作に至った訳なので物寂しさがあります。

 ですが、儚月抄のような展開は滅多な事でするべきでなく、あの作品一つだけに留めておくべきでしょう。

 故に京騒戯画から、『敵味方の概念が抜かれた』のは真っ当な判断だと思います。

f:id:deusxmachina:20180510123159j:plain

 しかし、もう一つの『依姫のような人物がいなかった』という事です。これにより物事に丁寧、冷静に対応する者がいなくて私的に寂しい感じがしました。

 でも、それがタイトル通りの騒がしさに繋がったとも思います。要はストッパー役がいない為に登場人物全員がやりたい放題だった訳ですよね。

 後、この作品のテーマの一つだった『家族の再生』が、依姫のような出来る人物がいたら容易だったでしょう。現に劇中の一番の問題児は父親にして創造主の稲荷でしたから。

f:id:deusxmachina:20180510123030j:plain

(この見た目ですが、肉体を作り変えている父親です)

 と、京騒戯画のテーマを掘り返してみるとやはり『歯止めの無さ』がウリだったように感じます。
 なので、尚の事0話のノリで本編を作って欲しかった所ですね。