力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

【雑記】イロモノピンボールゲー、ビハインド・ザ・マスク

 前にも言いましたがレトロフリーク、便利ですよね。
 ゲームソフトをmicroSDにインストールしておいて手軽に起動出来ますから、ソフト本体は後は法律上所持しておくだけで良くなります。

 故に実機ではやろうと思わなかっただろう『同ジャンルのゲームのコレクション』というのもやりたくなってくるのですよね。

 そこで私は『ピンボールゲーム』のコレクションがしたくなりました。

f:id:deusxmachina:20180703132441p:plain

 まず、原作を再現したキャラクターやギミックが楽しい『カービィのピンボール』。

f:id:deusxmachina:20180703132510p:plain

f:id:deusxmachina:20180703132526p:plain

 次にカービィと比べると大味ながら、原作同様にゲットして図鑑を完成させていくのが楽しい『ポケモンピンボール』。

 これらのゲームを私は手に入れてきました。

 そんな中で今回出会ったのが、『ビハインド・ザ・マスク』なるものでした。

f:id:deusxmachina:20180703132555j:plain


 カービィポケモンもGBの産物なので今までSFCピンボールゲームは持っていなく、値段も手頃な300円という事もあって興味本意で購入しました。
 そして無事にインストールされ、レトロフリークで不具合を起こすゲームでなかったようで起動しました。

f:id:deusxmachina:20180703132621p:plain

 ……社名ロゴの後に現れたのがこれです。
 怖いです。デスクリムゾンのエコールの社名画面並みに怖いです。

f:id:deusxmachina:20180703132639p:plain

 続いて項目選択画面。警告メッセージみたいで怖いです。

f:id:deusxmachina:20180703132657p:plain

 そして台選択画面。やっぱり不気味で怖いです。けど見ようによっては格好いいかも知れません。

f:id:deusxmachina:20180703132723p:plain

 そして台が選択されてゲーム開始です。その為にまずボールの出力調整になります。

f:id:deusxmachina:20180703132745p:plain

 ……やっぱり怖いです。ここまでくると寧ろ清々しい位ですね。セクシーコマンドー使いのように目がキュピーンってなっています。

 とまあ、突っ込み所満載ですが、SFC中期~後期の作品だけあって絵が綺麗です。当時は希少だったポリゴンによる書き込みでしょう。
 サウンドもイカします。ボールがぶつかってゴトンゴトンと鳴る様は妙な中毒性があります。

 ゲームとしては、台が斜めに置かれていて見づらい事や、ボールを落とした際の点数加算の為に『はっはっは』という気の抜けた笑い声と共に(しかも三つ全ての台で同じ声)いちいち画面が上部に移動してテンポが些か良くない所に目をつぶれば割りと遊べます。それもすぐに慣れますしね。
 しかし、台選択の直後の読み込みが遅いのはいただけないですね。

 総評として、デザインが日本人好みでない所に慣れれば、モノがピンボールというシンプルであるからゲーム性は高いです。特定の場所に入れる事で文字が書かれていくのは見どころですね。

 でも、過度な期待はしない方がいいです。名作は1000円台になるSFCのコーナーで300円で売られていた、それ位の作品と認識するのが良いでしょう。