力が欲しい

東方を中心に二次創作小説やゲームデータを置いたり、思った事を気ままに書いていきます。

良心図鑑

【良心図鑑】タケシ

[登場作品]ポケットモンスター 原作ゲームではニビジムのジムリーダーとして登場して、倒してそれっきりの存在だったという、単なるボスキャラという役回りでした。 しかし、アニメではサトシと戦った後に旅の仲間として同行するようになるというオリジナ…

【良心図鑑】綿月依姫

[登場作品]東方儚月抄 月の守護者にしてリーダーで、綿月豊姫の妹ですね。双子という見解もあるようですが、恐らく依神女苑、紫苑姉妹とは違って公式ではないでしょう(私の小説では双子説を取り入れていますが)。 彼女が良心たる所以は数多くありますね…

【良心図鑑】ウェンディ・ギャレット

[登場作品]ガン×ソード この作品のヒロインにして、もう一人の主人公といった立ち位置ですね。 しかし、彼女はロボットアニメに登場するにも関わらずパイロットになる事はありませんでした。サブパイロットにすらならなかったので、どうしてもスパロボでの…

【良心図鑑】龍亞

[登場作品]遊戯王5D's 天才デュエリストの龍可の双子の兄で、後に(かなり最後の方で)シグナーの一人になる存在ですね。 彼はデュエリストとしての腕も、メンタル面も小さな子供らしく未熟でした。しかし、チーム5D'sの面々には無くてはならない存在であ…

【良心図鑑】日向冬樹

[登場作品]ケロロ軍曹 日向夏美の双子の弟で、完璧超人の塊である姉とは対称的に、成績は平凡で運動オンチという損な(姉の引き立て役とも言える)設定を持たされてしまった彼です。しかし、そんな彼にも推理が得意という意外な才能があったりします。 で…

【良心図鑑】沢渡慎吾

[登場作品]遊戯王ARC-V(漫画版) レオ・コーポレーションの幹部の一人として登場しました。 まず、最初で遊矢に負けた事で『自分はアクションデュエルの腕が足りないから負けたんだ』と言ってトレーニングに励もうとするという、方向性が多少おかしいなが…

【良心図鑑】はじめに:なぜ作った

これから定期的に創作物における、この作品になくてはならないだろう所謂『作品の良心』といえるだろう人物を、私の独断で挙げていこうと思います。 そう思い至ったのは、私が通うとある場所において、唯一の良心的な人が辞めてしまって私にとって心の拠り所…